MITメディアラボの学生と考えた「2030年の東京」:TOKYO MIRAI IDEATHONで見えた未来

写真拡大

いまから15年後、東京はどんな姿をしているだろうか。2020年の東京オリンピック開催とも相まって、行政のみならずさまざまな産業が「都市の未来」を開発しようと弾みがつく今日。都市に広がる無限の可能性を追求するべく、電通、デジタルガレージ、ISIDイノラボの3社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの学生を招いたアイデアソンを開催した。

「MITメディアラボの学生と考えた「2030年の東京」:TOKYO MIRAI IDEATHONで見えた未来」の写真・リンク付きの記事はこちら

ある者は「未来の都市を描くには、ストーリーテリングの力が不可欠」 と言い、またある者は「東京には意外と歴史的な建造物が多くて驚いた」と言う。

「2030年の東京を発明する」。2月23日、24日に開催された「TOKYO MIRAI IDEATHON」のテーマに対して、「出張形式」で参加した5人のMITメディアラボの学生たちの言葉からは、「第三者の目」ともいえる貴重な視点を発見できたのが印象的だった。

東京の未来を考えるということは、新たな産業やサーヴィス、インフラ、文化を考えることで日本という国を見直し、人々の暮らしや社会にまつわるあらゆる要素を考察することと同義だ。

例えばセンシング技術が向上することで、現在のコミュニケーションはテキストや音声から発展し、触覚や感情そのものの伝達が取って代わるかもしれない。道路や公園など公共空間の設計にアーティストやエンジニアが新たな知見をもたらすことで、まったく新しい価値観が備わるかもしれない。

可能性は無限にある一方で、イノヴェイション不足に悩む国内企業は数多い。この先、「未来」を鮮やかに予見し、実現可能なものへと進化させるためには、横断的なつながりをもち、多様なバックグラウンドをもつ人々の視点やスキルが鍵となるだろう──。

こうした背景があればこそ、先端テクノロジーの知見と海外視点のフレッシュな思考を取り入れるようと、冒頭の通りMITメディアラボの学生たちが東京へと招かれたわけだ。

出場したのは7チーム。電通CDCのクリエイティブディレクター佐々木康晴や電通ブルーの代表取締役社長・吉羽一高、なかにはヒューマンコンピュータ・インタラクションの研究者、暦本純一をファシリテーターに迎えるなど、社内外から選りすぐりの精鋭チームが編成された。はたしてその2日間では、MITメディアラボの学生たちとともに実に闊達なアイデアが交換されたようだ。


mirai_150223_WRD0103


mirai_150224_WRD0193

現在、約150名の大学院生が所属し、23の研究グループが350を超えるプロジェクトに取り組むMITメディアラボ(研究グループはさらに1つ増え、合計24になることが発表されている)。

既存の領域を超えた学際的な研究が推進され、主に表現やコミュニケーションにおけるデジタル技術の活用を専門とする研究所だが、伊藤穰一が所長に就任してからは日本企業のスポンサーシップが増え、従来の共同開発研究にとどまらない多様な連携が見られるようになったという。

元よりハッカソンを得意とするメディアラボだが、今回のような学生を派遣する「出張形式」のイヴェントは、現地の人々や文化とふれ合うことで学生教育の場にもなっているという。彼らはこのアイデアソンを通し、ここ東京でどんなものを受け取ったのだろうか。

「テクノロジーはアグレッシヴに進化するだけじゃなくて、もっと人の心を落ち着かせたり、リラックスさせるためのものになっていくべきだと思っている」と言うのは、センサーインフラストラクチャの開発をはじめとする環境デザインを中心に研究するスペンサー・ラッセルだ。彼は、「東京はもっと未来都市なイメージがあったけど、意外と歴史的な建造物が多くてびっくりした」とも言う。

いまの東京の姿を考えるのに、やはり異邦者の視点は新しい発見を与えてくれる。日本のSFアニメに親しんで育ったというスコット・グリーンウォルドは、「イメージしていたより日本のテクノロジーは古い。アメリカのホテルだったらほとんどの設備がiPhoneの最新機種に対応していたりするけど、日本はそうじゃないようだ」と言う。「ぼくはドイツ生まれだけれど、このイヴェントで、話し方や構造の組み立て方にドイツ人と日本人の共通性が見えた気がして、とても興味深かったね。メディアラボではブレインストーミングの段階ですぐに実物をつくり始めたりするけど、今回は何度も話し合って、紙に落としこんでからスライドをつくっていった。広告の人々はアイデアを組み立てるのがうまいと感じた」

そのほかにも、参加者たちからはさまざまな声を聞くことができた。

「未来の都市を描くには、ストーリーテリングの力をもてるかどうかが重要。いまはみんな、スマホの小さなスクリーンのなかでコミュニケーションしているけど、表現手段となる物体自体がシフトチェンジする日も遠くないと思う」(フィリッパ・マザーシル)

「メディアラボではしょっちゅうハッカソンをやっていて、過去には「未来の楽器」をテーマに、その場で新たなサウンドデヴァイスを開発したこともあります。今回はアイデアソンだったので普段とはまた違った趣がありましたね。チームによって『2030年』の捉え方に大きな開きがあったのが気になったところ。審査基準の一つに『実現性があるか』という設定がありましたが、それもマチマチだったんじゃないかな」(佐野あかね)

「日本の企業とは、過去2回くらいMITでハッカソンを行ったことがあるけど、今回も楽しめたよ。日本のエレクトロニクス産業はやっぱり面白いと思っている。ハッカソンのいいところは、長時間話し、考え続けることでだんだんとみんながクレイジーになっていくところだね」(トラヴィス・リッチ)


SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 01_150224_wrd0340

1/5フィリッパ・マザーシル/新製品の工業デザインの設計を行うプロダクトデザイナーとして勤務したのち、「Object Based Media Group」に所属。前職でのナラティブ・マーケティングとテクノロジーを融合したプロトタイプ開発の経験から、コミュニケーションの媒体となるオブジェクトの研究に取り組む。

02_150224_wrd0349

2/5佐野あかね/ソニーコンピュータサイエンス研究所に勤務したのち、「Affective Computing Group」に所属。ヒトの日常生活の生体や行動データから、ストレスや睡眠、感情、パフォーマンスを分析する研究のほか、健康状態に気付きを与えたり、行動に変化を与えるようなアプリケーション開発を行う。

03_150224_wrd0358

3/5スペンサー・ラッセル/「Responsive Environment Group」に所属。演劇の音響デザインからベーシストとしての音楽活動などに携わる傍ら、センサー・インフラの開発や音楽パフォーマンスを拡張する表現システム、無線メッシュのネットワークまで幅広い研究関心をもつ。

04_150224_wrd0333

4/5スコット・グリーンウォルド/「Fluid Interface Group」に所属。ウェアラブル技術や遠隔のコラボレーション、ハイコンテクストな情報の伝達に関心を持ち、心理学、情報学とインタラクションデザインを組み合わせた研究を行っている。目の動きでユーザーの感情や認知を伝達できるウェアラブルグラスなどを開発中。

05_150224_wrd0339

5/5トラヴィス・リッチ/「Viral Communication Group」所属。現在は人間の主観的な体験を計測し、マッピングするためのデータやインターフェイス・ツールの構築に取り組む。電気工学や物理学を専門とし、ラボ所属前はハードウェア関係のスタートアップ創設にも携わる。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01_150224_wrd0340

フィリッパ・マザーシル/新製品の工業デザインの設計を行うプロダクトデザイナーとして勤務したのち、「Object Based Media Group」に所属。前職でのナラティブ・マーケティングとテクノロジーを融合したプロトタイプ開発の経験から、コミュニケーションの媒体となるオブジェクトの研究に取り組む。

02_150224_wrd0349

佐野あかね/ソニーコンピュータサイエンス研究所に勤務したのち、「Affective Computing Group」に所属。ヒトの日常生活の生体や行動データから、ストレスや睡眠、感情、パフォーマンスを分析する研究のほか、健康状態に気付きを与えたり、行動に変化を与えるようなアプリケーション開発を行う。

03_150224_wrd0358

スペンサー・ラッセル/「Responsive Environment Group」に所属。演劇の音響デザインからベーシストとしての音楽活動などに携わる傍ら、センサー・インフラの開発や音楽パフォーマンスを拡張する表現システム、無線メッシュのネットワークまで幅広い研究関心をもつ。

04_150224_wrd0333

スコット・グリーンウォルド/「Fluid Interface Group」に所属。ウェアラブル技術や遠隔のコラボレーション、ハイコンテクストな情報の伝達に関心を持ち、心理学、情報学とインタラクションデザインを組み合わせた研究を行っている。目の動きでユーザーの感情や認知を伝達できるウェアラブルグラスなどを開発中。

05_150224_wrd0339

トラヴィス・リッチ/「Viral Communication Group」所属。現在は人間の主観的な体験を計測し、マッピングするためのデータやインターフェイス・ツールの構築に取り組む。電気工学や物理学を専門とし、ラボ所属前はハードウェア関係のスタートアップ創設にも携わる。



mirai_150224_WRD02212日目会場となった電通本社の会議室。

2日目のプレゼンテーションには、デジタルガレージ執行役員の石丸文彦、森ビル取締役の小笠原正彦、NHKのエグゼグティブ・プロデューサーであり「スーパープレゼンテーション」の制作でも知られる田中瑞人、電通CDCセンター長の古川裕也、そして幣誌編集長の若林恵が審査員として参加した。

審査中はアイデアの本質を突く痛快なコメントが審査員たちから次々と寄せられ、発表者とやり合う様子も見物だったが、結果としてインタラクション研究者の暦本純一とISIDイノラボの森田浩史がファシリテーターを務めたチームによる「Air Hills」のアイデアが最優秀賞に輝いた。

「未来の街並み」と「未来の遊び」をテーマに選んだこのチームは、遊び場を失いつつある現在の都市事情を背景に、都市を拡張するプロジェクトを発案。それはまるで空中庭園のごとく、既存のビルとビルの間に可変性をもつレイヤー構造のネット(Air Hills)を張り巡らせるという斬新なアイデアを発表した。

mirai_150224_WRD0183

暦本・森田チームによるグループワーク風景。

都市空間をダイナミックな遊び場に変容させるこのアイデアは、高架貨物線の廃線跡を緑溢れる公園へと一新したニューヨークのハイラインが考察の素地にあったという。MITメディアラボからの「助っ人」として同チームに参加した遠藤謙は、次のように語っている。

「最優秀賞チームに選出されて光栄でした。ぼくはメディアラボ時代の経験でハッカソン慣れしていることもあって、はじめにデザイン、テクノロジー考察、プレゼン制作と役割分担を決めたのが功を奏したのかもしれません。ポイントはちょっと先の未来を予感させつつ、模型なども実際につくって現実感を見せることでしょうか。今回はアイデアソンがベースでしたが、メディアラボにはすぐにでもものを生み出せる環境が用意されている。アイデアにとどまらず、みんながものをつくることができるスキルをもてば、未来はどんどん変わってくると思います」

今後も継続的なパートナーシップを継続していくという電通、デジタルガレージ、ISIDイノラボとMITメディアラボ。多様なアイデアとテクノロジーが交錯するとき、私たちの暮らす都市の風景はあっという間にその姿を変えてしまうのかもしれない。

mirai_150224_WRD0362

「Air Hills」のアイデア模型。「実現性」が一つの評価ポイントだった審査において、彼らはチーム内で構造計算を行い、強靭なカーボンナノチューブ素材を用いれば実現可能であることを提示した。