北陸新幹線の開業に伴い、石川県金沢市など北陸地方が一躍脚光を集めている。そうした中で、株式市場でも関連銘柄に注目が集まりそうだ。日本インタビュ新聞社代表で経済評論家の犬丸正寛氏は、「大和(だいわ)」(東証2部・8247)に注目しているという。犬丸氏が解説する。

 * * *
 3月14日開業の北陸新幹線。東京〜金沢間を最速2時間28分で結び、在来線との比較で所要時間は最大1時間20分短縮される。そのため、北陸は首都圏から完全な日帰り圏内となり、ビジネス客はもとより、観光客の増加も見込まれている。こうした、北陸新幹線開業によるメリットを最大限享受しそうなのが大和だ。

 もともと、石川県を中心として7店舗の百貨店を構えていたが、デフレを主因とする百貨店不況の影響をモロにうけ、次々と閉鎖に追い込まれた。業績も赤字が続いていたが、店舗閉鎖のリストラが一巡した12年2月期からは黒字に転換している。

 現在、展開中の3店舗の内、本店の香林坊店と富山店で、北陸新幹線開業に備えた売り場改装を実施中。“攻め”の経営に転じた格好だ。金沢唯一の「日本ホテル協会会員ホテル」である大型の金沢ニューグランドホテルや、多店舗展開しているレストランダイワなどのグループ企業にも開業メリットは大きい。来期は業績が様変わりする可能性がある。

※マネーポスト2015年春号