金の切れ目は縁の切れ目!? 友だちからお金を借りるときに気をつけるべき”3つのポイント”

写真拡大

遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりした先で、いざお会計となったときに持ち合わせが足りず、連れのお友だちにお金を借りたことってありませんか? 場合によってはトラブルが起こり、その人との関係を破綻させてしまうことにもなりかねないお金の貸し借り。しかし、どうしても借りなければならないシーンがあるのも確かです。そこで、友だちからお金を借りるときに気をつけるべきポイントを女性たちに教えてもらいました。

■すぐに返す

・「なるべく早く、次の日に返すようにしている」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「できるだけすぐに返すようにする」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『明日返すね』と言ってすぐに返す」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「次会うときに必ず返す。あまり会わない友だちには借りない」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

これは一番いいことですね。借りたらすぐに返す。あと腐れがなく、精神的な負担も両者にとって軽いものになるでしょう。銀行の口座にお金があるのなら、借りたあとすぐにATMで下ろして返してしまいましょう。

■返す期日を決める

・「返す日を決めるか借りたあともこまめに返す気があることを言う」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「1週間後に返すなど具体的に決める」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「必ず返す日を伝えること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「何時に返す、いくら返す、をきちんとしないと関係ごと失ってしまうので」(25歳/小売店/事務系専門職)

給料日前などですぐにお金を用意できない場合、返す期日を必ず決めて、その日までに返すようにすることもいいでしょう。期日を守らないと、途端に相手の心証が悪くなるので気を付けなくてはなりません。

■絶対に忘れない!

・「手帳に日付とともに記入して返したら消す!」(32歳/商社・卸/営業職)

・「金額など忘れないように手帳や携帯に目立つようにメモをつける」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「借りた金額と日にちを目の前でメモし、『忘れてたら必ず言って』と念を押す」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「絶対に忘れない。相手に催促させるようなことは絶対にしない。即行で返す」(31歳/学校・教育関連/技術職)

貸した側は覚えているものですが、借りた側はそのことを忘れがちです。絶対に忘れないように、スケジュール帳や、スマホのTODOリストアプリなどにメモをしておきましょう。

お金を簡単に借りることは、いいことではありません。本当に大切なお友だちであるのならば、できるだけお金を借りることなどないようにしたいものです。もし借りることになったら、上記のような方法で誠実な対応をしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性199件(22〜34歳の働く女性)。