「Chromebook Pixel」新型が発表 USB-C搭載でMacBookに追随

写真拡大

3月12日(木)、GoogleがノートPC「Chromebook Pixel」の新しいモデルを発表した。

【「Chromebook Pixel」新型が発表 USB-C搭載でMacBookに追随の画像・動画をすべて見る】

Chromebookは「Chrome OS」という、MacやWindowsとは異なるOSが搭載されていることが特徴で、11日にAppleが発表した新型「MacBook」に対抗するかのように今回の新しいモデルにはUSB-C端子も備わっている。

The New Chromebook Pixel




超高精細ゆえに“Pixel”の名を持つ異色のChromebook


Googleによる新型ノートPC「Chromebook Pixel」。

Chromebookは、主にインターネットに接続されている時しか使えないOS「Chrome OS」を搭載するノートPCのシリーズで、比較的安価で低スペックなモデルを中心に展開されている。

その中で、この「Chromebook Pixel」は異色のモデルとして知られており、超高精細ディスプレイと高性能のプロセッサを搭載し、ハードウェアはMacやWindowsのPCとも対等に渡り合えるポテンシャルを秘めている。

なんと「Chromebook Pixel」12.85インチ・2560 x 1700pxのディスプレイは、Macが搭載するRetinaディスプイよりも高精細なディスプレイだ。

239 ppiという驚異の高解像度

239 ppiという驚異の高解像度



前モデルは2013年2月に発売されたもので、約2年ぶりのモデルチェンジとなった。

新型の「Chromebook Pixel」は、USB-C端子を搭載していることなどが特徴となっている。主な変更点として以下が挙げられる。

プロセッサ
Intel Core i5, 1.8GHzから
Intel Core i5, 2.2GHz か Intel Core i7, 2.4GHz

グラフィックス
Intel HD Graphics 4000から
Intel HD Graphics 5500

メモリ
4GBから
8GB か 16GB

I/O
デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)から
デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)

Bluetooth 3.0から
Bluetooth 4.0

USB 2.0×2, Mini DisplayPort, 電源ポートから
USB 3.0x2, USB-Cx2

バッテリー
最大約5時間から
最大約12時間

サイズ
厚さ16.2mmから
厚さ15.3mm

USB-Cの普及を後押しするか!?


USB Type-C: A new standard for power, data and display




新型「Chromebook Pixel」の最大の特徴はUSB-C端子を搭載している点。3月11日にAppleが発表した新型「MacBook」に搭載されたことで一躍有名になった、USBの新しい規格として注目されている端子だ。

USB-Cは、Androidの通信に主に用いられるMicro USBやiOSのLightningと同じ程度の大きさで、リバーシブルの端子となっている。

このUSB-Cが広がれば、MacやWindowsなど様々な端末で、通信、電源、ディスプレイを一貫して使える高機能な端子となり、いままで変換が必要だった接続もダイレクトに行えるようになる。

MacBookが搭載するUSB-C

MacBookが搭載するUSB-C



Googleが公開したUSB-Cに関する動画の中で、Android端末にも普及させていくつもりであることを明言しており、今後の広がりが楽しみだ。