あぁ、やっちゃった! 人生で一番無駄遣いしちゃった買い物とは?

写真拡大

買ったときには満足していたものでも、あとから思い起こせば「無駄使いだったな」と思う買い物って誰にでもあるもの。今回のアンケートでは、人生の中で一番の無駄使いだったと女性たちが思う買い物について聞いてみました。

■高級ブランド品

・「高級ブランドのバッグ、18万円。グアムで買って1年以上経つけどまだ使っていないから」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「高級ブランドのハイヒール。7万円ぐらいしたけど、普段そんなにヒールを履かないし、ただ捨てるのは惜しいのでずっと眠ってある」(31歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「ブランド物の服。ついついかわいくて衝動買いしたが、サイズが合わなかった。1万5千円くらいのTシャツ」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

かなり高額なブランドバッグや靴。買うときには舞い上がっているので、いつ使うのかなんてあまり考えられませんが、意外と出番がないことに気づくと無駄だったなと思うようです。捨てるに捨てられずタンスの肥やしになっているブランド物、あなたの部屋にもありませんか?

■バーゲンで衝動買いしたもの

・「めったに着ないパーティ用の洋服を、通常だったら2万〜3万する高いのが安くなってたから買ったが、やはり、着なかった。いつか着ようと思うが、そんなパーティがない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「バーゲンで買った服。安さにひかれたけど用途やどの服と合わせるかまで考えておらず、着ていない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

バーゲンで安くなっている洋服など、そのときは飛びついてしまうものの、派手すぎて着られなかったりコーディネートする洋服がなかったりということってありますね。安い服でも着られなければ、ただの無駄使いになってしまうということに、もうちょっと早く気づいていればと思わずにはいられません。

■エステや資格取得費用

・「資格取得の通信教育。結局提出が面倒になったが、最初に一括払いしていたので無駄だったなと思う」(25歳/情報・IT/技術職)

・「ハッキリとした金額は忘れましたが、エステで結局痩せなかったけど、通った。そして、家で使う痩せる機械を買ったが、まったく効かなかった。本当にあれは無駄使いだと後悔してます」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「マウスピースの歯列矯正代。仕事がストレスでカンフル剤になればとはじめたが、反対に仕事が激務すぎて長時間マウスピースをつけられず途中で挫折。初期費用80万、通院・調整費用20万で約100万を失ったが、いい勉強代になったと思うことにしている」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「毎月1万2千円のスポーツジムの月謝。四年半も払い続けたが、ほとんど行ってなかった」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

自己投資と思ってはじめた通信教育やエステも、途中で止めてしまってはただの無駄遣い。でも、効果が出るかどうかわからないエステに大金を払うのは勇気がいりますが、わらにもすがりたい思いのときってありますよね。

みなさん、いろいろと無駄遣いの経験があるようですね。買うときには「ほしい!」という気持ちが勝ってしまっているので、使わないかもしれないなんて考えないのかもしれませんが、しっかりと考えてから決断するのが本当の買い物上手。それを手にしたあとの自分をしっかりとイメージしてから買い物すると、失敗を減らせるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数264件(22歳〜34歳の働く女性)