日本代表の新監督、ハリルホジッチ氏を正式承認…初陣は今月末

写真拡大

 日本サッカー協会は12日、2015年度第3回理事会を開催し、日本代表の新監督にヴァヒド・ハリルホジッチ氏が就任することを承認した。

 理事会後に会見に臨んだ霜田正浩技術委員長は、監督選考の経緯について、「アジアを勝ち抜いて世界に出て、世界で勝つことを目的に、世界を知っていて経験豊富な監督を連れてくることにトライした」とコメント。「過去の実績、経験、実際に会った話や感触、人柄、人となりなど全てを踏まえた上で、ハリルホジッチ氏に一番に交渉してみようということになった」と明かした。

 契約交渉の結果、ハリルホジッチ氏は各国代表監督やビッグクラブのオファーを断って日本代表監督を選択。霜田技術委員長も新監督について、「非常に自分の仕事に自信を持っている。日本人選手のクオリティーを非常に高く評価してくれている。非常に厳しい監督だが日本人の持っているクオリティーやストロングポイントを生かして、日本が世界で戦える武器を増やしてくれるのでは」と期待を寄せた。

 新監督の初陣は今月27日に大分スポーツ公園総合競技場で行われるキリンチャレンジカップ2015のチュニジア代表戦になる。