6月のFIFA女子ワールドカップの前哨戦であるアルガルベカップの日本の最終戦は、アイスランド(FIFAランク20位)との9−10位決定戦。佐々木則夫監督はフランス戦から有吉佐織(日テレ・ベレーザ)以外の10名を代え、選考色の強いスタメンを起用した。

 日本は開始早々ペースを手にする。被災地へのメッセージが書いてあるキャプテンマークを巻いた岩清水梓(日テレ・ベレーザ)が8分、コーナーキックのチャンスから、ファーサイドで合わせた。続く24分には、ビルドアップした有吉が強烈なシュート放ち、40分には安藤梢(1.FFCフランクフルト)からのパスをつないで、上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース)の放ったシュートが左ポストを直撃。こぼれたところを有吉が再びシュートに持ち込むがDFがクリア。そのボールを今度は永里亜紗乃(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム)が狙うも左に逸れた。集中した守備を見せたアイスランドゴールに肉薄するも、前半はゴールを割ることができなかった。

 しかし、後半頭に佐々木監督は初の布陣を試みる。大儀見優季(VfLヴォルフスブルク)、宮間あや(湯郷ベル)、宇津木瑠美(モンペリエHSC)の3枚のカードを一気に切ったのである。驚くべきは宮間のポジションが2トップの一角ということだ。

「試合前からこの配置は伝えてあった」(佐々木監督)という新布陣は4−4−2をベースにおいているが、状況に応じて宮間が中盤に落ちてボールを配給する4−2−3−1に近い。この形は兼ねてより選手たちが、並々ならぬ興味を示していた布陣でもある。それもあってか、ボールを回すと、あっという間に試合が動き出した。

 47分、左サイドから宇津木が上げたクロスを、タテに走り込んだ宮間が受けると、トラップして左足でゴール。「やりー!」と喜びを前面に表したのは宇津木。入ったばかりのふたりが、開始早々に魅せた。ここからの30分、選手たちは今大会で一番実り多きトライを重ねた。

 新たな2トップは絶妙なタテ関係を保ちながら、相手のDF陣を切り裂いていく。59分、上尾野辺のクロスに前線へ走り込んだ宮間が合わせて追加点。あっという間に試合を決した日本がこのまま2−0で勝利をおさめた。

 今大会の計4試合はそれぞれに異なる表情を見せながら、日本の現状を浮き彫りにした。初戦のデンマーク戦では連係が失われ、苦肉の策で舵を切った速い展開はさらなるズレを生じさせた。それでも速い展開にこだわって宮間とのコンビネーションでトライしたことについて大儀見は「何か形が生まれそうだった」と振り返り、完成型に持ち込めなかったことを悔やんだ。ひとつでもゴールが生まれていれば大きな局面を迎えたかもしれない。と同時に、「前線がスイッチを入れるのは確実に行けると思えた時だけ」(大儀見)にしなければ逆に窮地に陥ることにもなる。苦い経験を経て得た実感でもあった。

「守備の問題は攻撃にあるし、攻撃の問題は守備にある。別々に考えてはダメ」と語った大儀見。同じ言葉をサイドバックの有吉も口にしていた。

 フランス戦で、日本の守備陣は完全に相手に飲み込まれた。ラインを上げたくても、フランスが前線に枚数を割いたため、常に人手が足りていない。分の悪い1対1に持ち込みたくない最終ラインは引き下げられたまま、その結果間延びを招いた。

「相手に合わせてしまったけど、それでいいことはひとつもなかった。ビビってしまった」と有吉。最終戦でも、前がかりになった後半に何本かカウンターが入ったが、タテに抜かれながらもプレイを遅らせることで周りのカバーリングを待つことができた。

「いい守備ができればいい攻撃ができる。いい攻撃ができればいい守備ができる。どちらにも枚数を割きたいから」(有吉)

 まずは自身の改善から周りとの連係へ、少しずつではあるが確実に前進している。有吉は初戦こそ後半途中からの出場だったが、それ以降の3試合はスタメンを手にした。左右両サイドバックを遜色なくこなせる貴重な人材の成長は、大きな収穫となった。

 ターンオーバーが見事にハマった第2戦で控え組から飛躍したのが宇津木だ。最終戦では、後半頭からの出場でいきなり宮間へのアシストをマーク。阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)とのボランチが機能したことで、中盤で宮間との新たな三角形が形成された。互いにポジションをスライドさせながら攻守に絡むこの三角形の動きは、今大会最大の収穫と言っていいだろう。宇津木がその一角を担わなければこの形は成し得ない。

「宮間のアイデアやポテンシャルは他の選手には絶対にないもの。これまで無理を強いていたところがあった。彼女の守備(の負担)を軽減させることがなでしこにとってはプラスになる」と、守備に重きをおきながらも、ミドルシュートやアシストなどでゴールに絡むプレイにも貪欲に取り組む。

 初戦の敗戦からずっと宇津木はチームを鼓舞し続けてきた。

「絶対にできる。できないはずがない」――

 しかし、その言葉をプレイで示すことがこれまでは難しく、ベンチを温め続けて苦しんだ時期も長かった。

「ようやく形にできた気がする。この形が(チームに)ハマってよかった......」と思わず本音も。相手が格下であっても、今の日本には「これが自分たちの形」といいきれるものがなかった。生まれたてではあるが、自信の持てるスタイルがひとつ生まれたことは確かだ。新たな布陣が機能したことに指揮官も「いい参考になった」と今後のチーム作りへ導入の可能性も示唆した。

 今大会で選手たちにズレを生じさせた要因のひとつは明らかに"焦り"だ。ようやく揃った主力メンバーとの融合を図る時間や実戦が足りなかったこと、4年前とは違う何かを作り上げたいという強い思い、そして何より着々とチームを仕上げてきているライバル国との差を見せつけられたこと。"焦り"を増幅させる要素はいくらでもあった。

「打ちのめされた大会だった」という宮間の言葉は重い。最終戦のトライの数々は、「課題だけでは終わらせない」という選手たちの強い意志が感じられた。課題まみれの大会ではあったが、膿(うみ)は出し尽くした。

 ここからの取り組み方次第では、3か月後に「打ちのめされ甲斐のある大会だった」と笑い飛ばすこともできるはずだ。ワールドカップからの4年という歳月は、すべてのチームに公平に与えられた時間だ。言い訳は通用しない。なでしこジャパンの真価が6月のワールドカップで問われる。勝負の3か月が始まろうとしている。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko