Moto 360は「カスタマイズ」でApple Watchに対抗

写真拡大

「Apple Watch」登場後すぐに、モトローラが発表したのは、同社のAndroid Wearウォッチのカスタマイズを可能にするプラットフォームだった。バンドやケースの色などを選べて、Apple Watchよりお手頃、だ。

「Moto 360は「カスタマイズ」でApple Watchに対抗」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Apple Watch」がその多彩なヴァリエーションをお披露目してからわずか24時間後、モトローラは、同社のAndroid Wearウォッチ「Moto 360」向けの「Moto Maker」を発表した。デザインをフル・カスタマイズできる初めてのプラットフォームだ。

バンドの色や素材だけでなく、モジュール自体のケースの仕上げも選べる。最新のスマートウォッチ、たとえば「LG G Watch R」などでは、すでに購入後にバンドを交換できるようになっているが、最初から気に入ったものを購入できるほうがいいのは間違いない。

Moto Makerでは、バンドを9種類から選べる。素材はレザーとメタル、さらにMoto 360用に特別につくられた「モノリンク」デザインが用意されている。ケースの色は、ダークメタル(黒)、ライトメタル(銀)、シャンパンゴールド(金)があり、さまざまな組み合わせから選ぶことができる。

moto-360-2_1

モトローラでは、おすすめの組み合わせを提案して、それぞれに「人格」をもたせている。それらには、「Professor Hip(おしゃれな教授)」や「Golden Goddess(金の女神)」、「Wheeler Dealer(策略家)」といった、それらしい名前も付けられている。

UK版『WIRED』は2014年10月にMoto 360のレヴューを行った(英文記事)が、そのときの評価は10点中7点だった。減点対象となったのは、バッテリーの寿命の短さと、200ポンドという価格(約36,000円)だ。

今回提供されることになるカスタマイズは、無料ではない。レザーバンドではなくメタルバンドを選んだら50ドル、シャンパンゴールドのケースを選べば、さらに30ドルが上乗せされる。それでもこの割増価格は、Apple Watchの価格の幅を考えれば、かなりお手頃だと言える。

関連記事:Apple Watchの「アップルの黄金」特許とは

“1機種が万人向けに提供されるモデル”は、ウェアラブル機器にとっては有効なマーケティング戦略ではない。モトローラは、こうした考えを理解した最初のAndroid Wearメーカーであるようだ。

TAG

DesignMotorolaSmartwatchVideoWiredUK