写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京タワーのフットタウン内に3月13日にオープンする『ONE PIECE(ワンピース)』史上初の大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」のプレス向け内覧会が12日に行われ、アトラクションやショー、レストランなど全施設がお披露目された。

「東京ワンピースタワー」は東京タワーのフットタウン1階、3〜5階にオープン。チケットが必要な3〜5階では、アトラクションやライブ・エンターテインメントショー、さまざまなオブジェ・展示などが楽しめ、1階のレストラン、カフェ、ショップは、チケットなしでだれでも利用できる。パークのコンセプトは、新世界に浮かぶ"トンガリ島"。冒険好きで遊び好きの島の住民たちが、島を訪れたルフィたちと一緒に、世界中の麦わらの一味のファンが集まれるように作ったアソビ場が広がっている。

3階「いりぐちフロア」の入口から中に入ると、麦わらの一味たちの名シーンを振り返る「出会いの洞窟」からスタート。洞窟を抜けると、「トンガリ港」でトンガリ電伝虫とサニー号が出迎えてくれる。麦わらの一味が全員集合して宴を楽しんでいるオブジェもあり、一緒に記念撮影できる。また、「メモリアルルーム」では、原作者・尾田栄一郎氏によるトンガリ島のオリジナルイラストを展示。「なりきりコーナー」で、帽子や服などキャラクターになりきれるグッズを買うこともできる。

エスカレーターで4階「まんなかフロア」に上がると、チョッパーと一緒にサウザンド・サニー号の船内を探検するアトラクション「チョッパーのサウザンド・サニー号探検」や、体を動かしてゾロの技を体感できる「ゾロの一刀両断」、ウソップが作った狙撃場「ウソップの目指せ狙撃王(そげキング)」など7つのアトラクションが登場。コーラ好きのフランキーをテーマにした「フランキーのコーラバー」では、コーラとスナックを販売する。

5階「てっぺんフロア」では、ルフィやチョッパーが謎の洞窟で冒険を繰り広げる、プロジェクションマッピングを駆使したライブアトラクションショー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」を開催。ルフィの記憶をたどるウォークスルーアトラクション「ルフィのエンドレスアドベンチャー」では、名シーンを振り返ることができる。そのほか、トラファルガー・ローと写真撮影できるスポットや、バーソロミュー・くまの肉球を再現した手に座れるスポットも設けられている。

そして、1階「いちばんしたフロア」には、麦わらの一味の料理人・サンジの食べ放題レストラン「サンジのおれ様レストラン」と、麦わらの一味が大好きなメニューが味わえる「Cafe Mugiwara」の2つのレストラン・カフェがオープン。さらに、「麦わらストア 東京ワンピースタワー店」では、ここでしか手に入らないオリジナルグッズが買える。

各アトラクションなどの詳細は別記事にて紹介予定。

「ワンピースタワー」概要【所在地】東京都港区芝公園4-2-8 東京タワーフットタウン内【営業時間】10:00〜22:00(初日3月13日は13:00オープン)【料金】大人3,200円、子供(4〜12歳)1,600円 大人3,000円、子供(4〜12歳)1,500円 ※3歳以下入場無料(保護者同伴)(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)Amusequest Tokyo Tower LLP