写真提供:マイナビニュース

写真拡大

現在ブレイク中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーが、3月21日に公開される特撮映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のCMに出演することが明らかになった。

"ラッスンゴレライ"のリズムネタでブレイクし、DVD発売、単独ライブ開催、NSC(吉本総合芸能学院)講師、LINE公式スタンプの発売など吉本興業所属のお笑い芸人の中で史上最速ともいえる記録を打ち立てているという8.6秒バズーカー。今回、史上最速記録を更新し続けているということで、史上最速のライダー「仮面ライダー3号」が登場する本作とのコラボCMが実現した。完成した映像では、「3号なんて、いてまっせ〜ん」と"ラッスンゴレライ"のライダーネタが披露され、本予告に突入。CMは3月13日0:00〜22日の期間で本作の公式サイト、および東映公式youtubeで限定公開される。

今回のコラボに、田中シングルは「(仮面ライダードライブは)コラボということで色合いを僕らに合わせてくれたのか(笑)、しっくりいきました。はじめて3人で並んだとは思えないくらいまとまりのあるコラボでした。色合いが完全にチーム」とドライブとのシンクロに満足した様子で、「最速の仮面ライダー3号には、後ろに乗せてもらって大阪-東京間の移動を助けてもらいたい」と多忙な日々からか切実なコメント。そして、はまやねんは「小さい頃から仮面ライダーを見ていたので、こういう形でご一緒させていただけるなんてとても光栄です。近くで見るとやっぱりかっこいい。チームとしてドライブと一緒に3号に勝ちたい。最速の仮面ライダー3号は、寝坊した時の移動に使います!(笑)」とライダーとの共演を喜んだ。

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』は、石ノ森章太郎氏が企画したものの映像化に至らなかった幻の「仮面ライダー3号」が復活を果たすことでも大きな話題に。「仮面ライダー3号」は、愛車トライサイクロンに搭乗し、『仮面ライダードライブ』に負けずとも劣らないドライビングテクニックと、平成の世まで脈々と受け継がれてきた仮面ライダーの精神を持ち合わせた傑物。仮面ライダーV3との邂逅も描かれ、全てのライダーファンのみならず、日本のヒーロー史における常識をも覆す物語になるという。

2015「スーパーヒーロー大戦 GP」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映ビデオ・東映