「味覚力」調査の様子

写真拡大

「和食」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことをきっかけに、国内外で和食や日本の食文化に対する関心がますます高まっている。

そこで味の分析などを行っている企業の「AISSY(アイシー)」は、日本食の特徴ともいえる「旨味」に焦点を当て、日本人と外国人で「味覚力」を比較する調査を実施した。

AISSY「日本人の方が旨味を感じる力が強い」

「味覚力調査」は日本人と外国人それぞれ100 人に対して、飲料サンプルを飲んでもらい、それが甘味・塩味・酸味・苦味・旨味・無味の6 種類のうちどれかを言い当ててもらった。6回繰り返して、すべて「正解」だと6点満点になる。

その結果、旨味については外国人の正答率が34%だったのに対し、日本人の正答率が71%と2倍以上の差が付いた。AISSYは「日本人の方が旨味を感じる力が強い」と分析している。すべての味覚の平均でも、日本人は4.9点、外国人は3.9点と日本が上回った。

また、機械センサーよる分析で日本と海外の代表的な料理や飲料の「旨味の強さ」を比較したところ、平均値で日本の料理の旨味は3.04、海外の料理は2.34とまたもや日本に軍配が上がった。

旨味の強さで顕著な差が出たのが飲料だ。緑茶は2.85を記録し、コーヒー(1.16)や紅茶(1.32)よりも約1.5も高かった。

調査結果は2015年3月3日、発表された。外国人の調査対象者の国籍は中国、韓国、アメリカ、ブラジル、インド、タイ、ロシア、フランス、ドイツ、ガーナなど。