9失点のU−22ミャンマー代表監督「多くを学ぶことができた」

写真拡大

 国際親善試合が11日にフクダ電子アリーナで行われ、U−22日本代表とU−22ミャンマー代表が対戦。U−22日本代表が、9−0と大勝を収めた。

 U−22ミャンマー代表を率いるチー・ルウィン監督は試合後、「本当に素晴らしい日本チームと試合ができ、感謝している」と振り返った。「残念ながら0−9で負けてしまったが、U−22のチームとしては大変多くを学ぶことができた。今後の大会に向けて多くの準備をしていかないといけない中、非常に貴重な経験をすることができた」と、収穫についても口にした。

 また、気温は9度にも届かなかったが、「我々としては、寒さを言い訳にしたくはない」とコメント。気候の影響は否定している。