小さくたって左右両足&ヘッド!10番・中島も4ゴール

写真拡大

 身長164センチの背番号10がひときわ大きく見えた。前半は4-2-3-1の左サイドハーフ、後半はトップ下としてフル出場したMF中島翔哉(F東京)が4得点と爆発。FW鈴木武蔵(新潟)とともにチーム最多得点を決め、五輪予選壮行マッチ9-0という大勝利に貢献した。

「なかなか4点は取れるものではないのでうれしい」。そう言って喜んでみせた中島だが、口調や表情は実に淡々としたものだ。

「シュート以外でできることを増やさないといけない。日本で最初の試合だったので勝てたのが良かったけど、まだまだ。パスミスが多かったし、個人としてはプレーがまだ遅い。タイミングの良いパスやドリブルがまだまだできていない」と反省が口を突いた。

 とはいえ、相手のレベルの低さを差し引いても、ゴールショーは純粋に小気味よいものだった。鈴木の得点で先制してから5分後の前半13分にゴール中央からワンタッチで右足シュート。さらに同42分にはMF遠藤航(湘南)のスルーパスに反応して右足でゴールを決め、アディショナルタイムには左足でハットトリックを達成した。

 メンバーが5人替った後半も、15分にヘディングシュートを決めて9-0。シュート5本で4得点を挙げ、「どれだけ良い場所で受けられるか。それさえできれば良いプレーができると思って、心掛けていた」と胸を張った。その後もチャンスを量産しただけに、残り30分間で追加点が奪えなかったのは反省材料だが、実力差のあるミャンマーを相手に、リードを広げても気を緩めることなく戦い抜こうという姿勢は伝わってきた。

 これで手倉森ジャパンの立ち上げから通算12得点と、鈴木と並んで堂々のチーム最多ゴールだ。だが、中島に浮かれる様子はみじんもない。

「武蔵はスピードがあるので、空いたスペースを意識して埋めたり、武蔵のスピードをどう生かすかを考えた」とコンビネーションの向上に手応えを示しながらも、「たまたま今日は2人で4点ずつだったけど、それは状況に応じてのこと」と最後までクールな表情を貫いていた。

(取材・文 矢内由美子)