得点導く左足…U-22代表DF山中「正直、結果がほしかった」

写真拡大

[3.11 国際親善試合 U-22日本9-0U-22ミャンマー フクアリ]

 左足から繰り出す正確なボールがゴールを生み出した。左SBとして先発出場したU-22日本代表DF山中亮輔(柏)は、積極的な攻撃参加で攻撃に厚みを加えるだけでなく、プレースキッカーとしても存在感を示した。

 まずはセットプレーで魅せた。2-0と2点をリードして迎えた前半21分、右CKを得るとボールに向かったのが山中だった。左足から蹴り出された正確なボールをDF岩波拓也(神戸)がヘディングで叩き込み、まずは1アシストを記録。さらに同25分には左サイドを駆け上がり、ピンポイントクロスでFW鈴木武蔵(新潟)の得点をお膳立てした。

「この試合で自分をアピールしようと思っていたし、アシストやゴールという結果が正直、本当にほしかった」と並々なる決意を持って試合に臨んでいたことを明かすと、「だから、結果を残せたのは良かった」と2アシストという結果に充実の表情を見せた。

 流れの中からのクロスも見事だったが、絶対的なプレースキッカーが存在しない手倉森ジャパンにおいて、セットプレーで得点を演出できたことはチームにとってもプラスになる。そこは山中も意識している。

「ウチのCBは空中戦が強いし、ヘディングの強い選手が多くいます。五輪予選ではセットプレーからの得点というのは大事になってくると思うし、セットプレーのほぼ8割はキッカーのキックの質で決まると言われています。セットプレーで点を取れればチームも楽になってくると思うので、今日ここで結果を残せたことは自信になります」

 セットプレーをチームの絶対的な武器にするためにも、山中は自身の左足にさらに磨きをかけていく。

(取材・文 折戸岳彦)