U-22代表DF安在、プロ初のボランチで日の丸“デビュー”

写真拡大

[3.11 国際親善試合 U-22日本9-0U-22ミャンマー フクアリ]

 初めて日の丸を背負ってピッチへ立った。追加招集されたU-22日本代表DF安在和樹(東京V)は、後半からU-22ミャンマー戦へ出場。本職ではないボランチでの出場となったが、積極的に前線へ顔を出すなど奮闘をみせた。

 後半12分には中盤からの縦パスをカットされるも、こぼれ球を自ら拾った。再びサイドへ展開しようとするも、連携不足を露呈。ボールはサイドラインを割った。それでも直後のプレーで決定機を演出。FW鈴木武蔵(新潟)へ決定的なループパス。惜しくも鈴木のトラップが大きくなり、得点にはつながらなかったが、アシストさながらのシーンだった。その後もボランチながら前線へ顔を出すなど、果敢に攻撃参加。積極的なプレーをみせた。

 

 所属先の東京ヴェルディではサイドバックが主戦場。手倉森誠監督から「ボランチというよりも、いろいろなところをやってもらうから」とユーティリティー性を買われての起用となった。ボランチでの出場はプロになって初めてのこと。「(ボランチと)言われた瞬間はビックリしました」と話した。

 ピッチ上では東京VでのかつてのチームメイトであるMF吉野恭平(広島)とダブルボランチを務めるシーンもあり、「久しぶりで懐かしかった」と微笑んだ。

 東京Vユースからトップ昇格した安在の同期は、全部で6人。一足先にプロ契約していたMF中島翔哉(F東京)を含め、吉野、MF前田直輝(松本)、MF楠美圭史(ヴェルスパ大分)、GKポープ・ウィリアム(東京V)がいる。しかし、U-22代表常連の中島はF東京へ、吉野は広島へ移籍。同代表へ呼ばれたこともある前田は松本へ。楠美は今冬にヴェルスパ大分へ移籍した。

 現在、東京Vへ残っているのはポープと安在のただ2人。「みんなバラバラになったなかで、ヴェルディから選ばれたというのは嬉しいというか……なんだろうな」と考え込んだ安在だったが、「みんなが先に出世しちゃったから。残り組ながら頑張った感じです」とハニかんだ。

 この日の自身の出来を「50点」と評価した安在。ボランチでのプレーは「視界が全然違う。違和感しかなかった」という。それでも、臆することない果敢なプレーをみせた。今後は代表への定着へ「まだ探り探り、もう少し選手の特長やチームのコンセプトを早く学んで。チームへ馴染んでいきたい」と誓った。

 

(取材・文 片岡涼)