武蔵&中島が4得点!! 手倉森ジャパン、国内初陣で9発圧勝

写真拡大

[3.11 国際親善試合 U-22日本9-0U-22ミャンマー フクアリ]

 U-22日本代表は11日、フクダ電子アリーナでU-22ミャンマー代表と国際親善試合を行った。前半に7点の大量リードを奪ったU-22代表は後半も2点を加点して、手倉森ジャパンの国内初戦を9-0の大勝で飾った。

 4-2-3-1のシステムを採用したU-22代表。GKに櫛引政敏(清水)、最終ラインは右からDF松原健(新潟)、DF岩波拓也(神戸)、DF植田直通(鹿島)、DF山中亮輔(柏)を並べ、ボランチはキャプテンを務めるMF遠藤航(湘南)とMF原川力(京都)、2列目には右からMF荒野拓馬(札幌)、FW浅野拓磨(広島)、MF中島翔哉(F東京)を配置し、1トップにFW鈴木武蔵(新潟)を据えた。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からシュートチャンスを作り出すU-22代表は、前半4分に中島、同7分に松原が積極的にシュートを放つと、同8分に先制に成功する。左サイドから中島からボールを受けた原川が放ったシュートはGKチョー・ジン・ヒョーに阻まれたものの、こぼれ球を鈴木が蹴り込んでスコアを1-0とした。

 その後も主導権を握るU-22代表は高い位置からのプレスで相手の自由を奪うと、細かいパスをきっちりとつないでゴールに迫り、前半13分には荒野のパスで裏に抜けた鈴木がゴール中央へ送ると中島がシュート。ボールは相手GKに弾かれながらもゴールに吸い込まれ、2点目が生まれた。

 攻撃の手を緩めないU-22代表は前半21分に山中のCKを岩波がヘッドで叩き込んで3点目。さらに同25分には、左サイドから山中が送った正確なクロスを鈴木が決めて、リードを4点差に広げる。

 守備陣もミャンマーにチャンスらしいチャンスを作らせずに試合を進めると、同41分に荒野の鮮やかなパスから抜け出した鈴木がハットトリックとなるゴールを叩き込む。さらに同42分に遠藤のスルーパスに反応した中島が自身2点目、アディショナルタイムにはハットトリック達成となるゴールを奪い、7-0として前半を折り返した。

 大量リードを奪い後半を迎えると5人の選手を入れ替え、GKに中村航輔(福岡)、左SBにDF亀川諒史(福岡)、ボランチにDF安在和樹(東京V)、右サイドハーフにMF矢島慎也(岡山)、左サイドハーフにMF野津田岳人(広島)を配置した。

 後半も主導権を握るU-22代表は得点を重ねる。後半6分、右サイドの松原のピンポイントクロスを鈴木が左足で流し込み、同15分には左サイドの野津田のクロスを中島がヘッドで決めてリードをさらに広げた。

 その後もシュートチャンスを作るが、後半29分に野津田の直接FKが枠を外れるなど、得点には結び付けられず。すると同32分、MF吉野恭平(広島)を投入し、吉野をアンカーに据えた4-3-3にシステムを変更。同37分には矢島がPA内から狙ったがGKに弾き出され、同41分には鈴木が強烈なシュートを放つもGKに阻まれてしまった。

 追加点こそ奪えなかったものの、守備陣もミャンマーを無失点に抑えたU-22代表は9-0の快勝を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)