『問題のあるレストラン』よりきゃりーぱみゅぱみゅ

写真拡大

きゃりーぱみゅぱみゅが3月19日22:00からフジテレビ系で放送されるドラマ『問題のあるレストラン』の最終回に出演することがわかった。

【もっと写真を見る】

きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲“もんだいガール”が主題歌として使用されている『問題のあるレストラン』は、『最高の離婚』『それでも、生きてゆく』『Mother』などで知られる坂元裕二が脚本を手掛ける作品。東京・表参道の屋上にあるレストラン「ビストロ・フー」を舞台に、真木よう子が演じる田中たま子ら問題を抱えた女性たちが、これまでに苦しめられた男たちを見返すために、様々な苦難に立ち向かいながら奮闘する様を描いたコメディーだ。

今回きゃりーは、ビストロ・フーの客役として同作に出演。劇中では、第4話でも出演者によって行われたカップや調理器具を打楽器にするリズムパフォーマンス「CUPS」を、たま子をはじめとする店員たちと共に披露するという。撮影ではNGを出したきゃりーに対し、真木や共演者のYOUが“PON PON PON”を歌って緊張を解く、といった一幕もあったという。

きゃりーは撮影について、「めちゃくちゃ緊張しました。ドラマの現場には慣れてないし、歌の時よりも緊張したくらいです。(最終的に)OKカットだったのですが、自分の中では手の動きとか難しくて、ちょっと問題あったかもしれないです」とコメント。また、真木らとの共演については「CUPSの動きで一度間違えてNGを出してしまった時があったのですが、この撮影のためだけに来たのに迷惑をかけてしまって。でも、皆さんとても優しくて、慰めていただきました」と語っている。

なお、きゃりーが歌う同作の主題歌“もんだいガール”を収録したニューシングルが、3月18日にリリースされる。