日本は9得点のうち、8得点を鈴木、中島が挙げた。後半は2点に終わったが、最後までミャンマーを寄せ付けなかった。

写真拡大

 U-22日本代表の国際親善試合、U-22ミャンマー代表戦が3月11日、フクダ電子アリーナで行なわれ、日本が9-0で大勝した。

【U-22日本代表|PHOTOギャラリー】日本 9-0 ミャンマー
 
 4-2-3-1の布陣でスタートした日本は、GKに櫛引政敏が入り、最終ラインは右から松原健、岩波拓也、植田直通、山中亮輔という顔ぶれ。中盤はダブルボランチで遠藤航と原川力がコンビを組み、2列目には右から荒野拓馬、浅野拓磨、中島翔哉と並んだ。1トップには鈴木武蔵が起用された。
 
 試合は、両チームの実力差が明白で、日本は立ち上がりからボールを支配。ミャンマーの甘いディフェンスを突いて、次々とゴールを陥れた。
 
 先制点は8分。左サイドから中に切れ込んだ中島がフリーの原川にパスを送ると、原川が右足のシュートを放つ。これを相手GKがファンブルし、最後は鈴木がこぼれ球に詰めて押し込んだ。
 
 日本は攻撃の手を緩めず、13分には左SBの山中のパスを起点に荒野、鈴木とつなぎ、最後は中島が右足のシュートを突き刺し、リードを2点に広げる。
 
 3点目はセットプレーからで、21分、右CKからCBの岩波が高さを活かしてゴール正面から強烈なヘディングシュート。鋭い弾道でゴールネットに突き刺さった。
 
 4分後の25分には、左サイドを深く抉った山中の左足のクロスに、鈴木がGKとの競り合いに勝ち、強烈なヘディングシュートを決める。
 
 さらに終盤の41分に鈴木がハットトリックとなるシュートを決めると、直後の42分には遠藤からのパスを受けた中島がDFと競り合いながらも押し込み6-0とリードを広げる。
 
 そして前半アディショナルタイム、最終ラインの裏に抜け出した中島が、飛び出したGKの頭上を抜くループシュートを決め、鈴木に続いてハットトリックを達成。日本は大量7点を奪って前半を折り返した。
 
 後半、5人のメンバーを入れ替えて臨んだ日本の勢いは止まらない。開始直後の47分、交代出場の野津田からのクロスが同じく交代出場の矢島に通る。矢島はペナルティーエリア内の角度のない所からシュートを放ったが、これは惜しくもゴール左に外れた。
 
 しかし、51分には松原からのクロスに鈴木が左足で合わせ、この日4点目となるゴールを挙げ8-0。60分には左サイドから野津田がアーリークロスを入れると、フリーになった中島が頭で合わせて自身4点目のゴールを決める。日本は9-0とリードを広げた。
 
 9点目を奪った後も左サイドの野津田、右サイドの矢島らを起点に、両SBが絡んで攻勢を仕掛けた日本だが、追加点には至らず9-0でタイムアップ。日本は、リオ五輪アジア1次予選前最後のテストマッチを大勝で飾った。
 
 手倉森監督は試合後、「3月11日という日に、日本で試合ができたことが一番の収穫。組織としてもっと機能できるように精度を上げていきたい。A代表のキリンチャレンジカップと(五輪予選の)日程がかぶっているが、A代表もU-22も応援してほしい」などと語った。