「DIO」の精神とテクノロジーが、ぼくらの生活をアップデートする〜「CIVIC TECH FORUM 2015」3/29開催 #civictechjp

写真拡大

高齢化や少子化、子育て問題、教育や防災…。ちょっと見回しただけでも、さまざまな課題が山積していることに気付くはずだ。そのとき、誰かが解決してくれると思うのではなく、課題を見つけた人が自ら行動する時代に、ぼくらはいる。3月29日に開催される「CIVIC TECH FORUM 2015」は、その行動のためにテクノロジーをいかに用い、いかに発展させ、いかに周囲を巻き込むかという知恵が共有されるイヴェントだ。

「「DIO」の精神とテクノロジーが、ぼくらの生活をアップデートする〜「CIVIC TECH FORUM 2015」3/29開催 #civictechjp」の写真・リンク付きの記事はこちら

税金が何に、いくら使われているのかを、オープンソース化されたプログラムで可視化したウェブサイトがある。そのサイトはいまや世界中のさまざまな自治体で、有志によって日々更新されている。その活動の根底にあるのは、税金が何に使われているのかについてせめて納得したいという数多くの人々の思いだ。

ゴミ問題に悩みを抱える金沢市では、どのゴミを何曜日に出せばいいかを分かりやすくヴィジュアライズし、スマートフォンで閲覧できるサーヴィスが開発された。日本の一地方都市からスタートした取り組みはいまや日本中に広がり、デザイナーやエンジニアたちが、自分たちの自治体に適応させている。

財政に問題を抱えていた千葉市では、壊れた道路や落書きの場所を位置情報付きの写真で投稿するだけで、数日後には投稿した場所が修繕されるといった市民参加型の地域づくりが行われた。そのきっかけは行政と住民の間での対話にあって、地域を自分たちの手で効率的にきれいにしていこうと考えることからはじまった。

ほかにも、地域の病院や子育て関連の情報をまとめたものや、地域内での貸し借りをスムーズに実現するものなど、課題を解決するサーヴィスやテクノロジーが、登場している。来る3月29日に予定されている「CIVIC TECH FORUM 2015」で紹介されるのは、そういった活動の数々だ。

シビックテックとは、なにか

生活において不自由だったり不便だったりすることがあったとしても、これまでは行政が一括で管理をし、対応するほかに方法がなく、ぼくらはそれを受け入れるしかなかった。しかし、人々のライフスタイルが多様化している時代のなかでは、すべてを行政に任せ、誰もが満足する公共サーヴィスをつくることは現実的に不可能になってきている。

本来、“Government”(ガヴァメント=統治)と呼ばれる仕組みは、その地域の人たちが自らの手でつくり上げるものであり、そこには行政や私企業から、隣り合って暮らすおじさんまで、あらゆる人が関わるべきものだ。つまり、地域で抱える課題や不便さを解消するためには、「そこにいる人たちが行動すること」が本来の姿であるはずだ。

テクノロジーを通じてその地域にイノヴェイションを起こす、という「シビックテック」というタームが広まっている。この意においてテクノロジーを駆使する人を「シビックハッカー」と呼ぶが、そのとき、必ずしもコードやプログラミングを書ける人だけのことを指すとは限らない。ツールをどのように活用していくかを考えるアイデアをもっていたり、そのツールをより使いやすくデザインしたり、あるいはサーヴィス設計を行うデザイナーも、シビックハッカーと呼ぶことができる。

SNSへの投稿をする、位置情報を付与した写真を投稿する、街歩きをしてその地域独特の面白さを発見して伝えたり、意見やアイデアを発信したりする。これらもすべて、地域へ参加するひとつの方法だ。なにも“テクノロジー”を駆使する一部の人たちだけが地域社会に貢献するわけではなく、さまざまな人が関わり合いながら、それぞれがもつスキルや能力をシェアすればいい。

DIO、みんなの手でつくりあげるという発想

インターネットはいまや当たり前のものとしてぼくらの身の回りに存在していて、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデジタルデヴァイスを携帯するようになったいま、気付かない間にテクノロジーに身をさらしている。テクノロジーはもはや、あらゆる人にとって開かれたものとして存在している。だからこそ、もっとテクノロジーの可能性を追求してもいいはずだ。

地域や社会とは、さまざまな人たちとともにつくり上げるものだ。インターネットは、知識や情報をシェアしていくことで暮らしを豊かにするツールだ。ともに考え、ともに行動していくような仕組みは、普段思っている疑問や課題を共有することから生まれてくるかもしれない。そして、共有する過程において手段はより効率化されるし、その地域に固有の課題を解決したりローカライズしたりするサーヴィスを展開していくこともできるはずだ。

シビックハッカーとは、あらゆる地域において、クリエイティヴな発想をもとにDIWO(Do It With Others)やDIO(Do It Ourselves)の精神で行動するすべての人を指す言葉なのだ。だとすると、誰もがシビックテックを駆使するシビックハッカーになれる可能性をもっているともいえる。

いまや、政治や行政にすべて任せるのではなく、自分たちの意志にもとづいた生き方をデザインするために行動していくマインドシフトが求められている。テクノロジーを通じて地域をアップデートする。そのための考え方が、「CIVIC TECH FORUM 2015」では共有されるといい。

3/29開催、CIVIC TECH FORUM 2015

米国におけるシビックテックの先進事例において中心的な役割を果たしてきたシビックハッカー、クリストファー・ウィテカーや、Code for Japan代表理事の関治之らが登壇。その他、数々の市民活動事例がシェアされるとともに、参加者同士で学びを深めるワークショップの時間も用意されている。

>>申し込みはこちらから!

日時:2015年3月29日(日)12:30(12:00受付開始)〜19:30
※終了〜21:00まで懇親会
会場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
参加費:2,000円(科学技術館入場料、懇親会費込)
主催:CIVIC TECH FORUM 2015 運営委員会
問い合わせ:info@civictechforum.com
イヴェント詳細CIVIC TECH FORUM 2015公式ページ

TAG

Civic TechContributionOpen Government