カロリーや脂質を"ライト"に、食物繊維と野菜を"プラス"

写真拡大

日清食品は2015年3月23日から、「カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ」「カップヌードルライトプラス バーニャカウダ」の販売を開始する。

日頃の食生活で気になるカロリーや脂質を"ライト"に、食物繊維と野菜を"プラス"した新しいカップヌードル。

麺にはレタス約2個分の食物繊維が練り込まれ、さらに啜らなくてもいいように麺の長さを通常のカップヌードルの半分程度にしており、オフィスなどで女性も気軽に食べられるよう配慮されている。

トマトベースのスープに、キャベツやフライドオニオン、揚げなす、ズッキーニ、赤パプリカなどが入った「ラタトゥイユ」と、食欲をかきたてるアンチョビのうまみとガーリックの風味のスープにキャベツ、カボチャ、タマネギ、レンコン、赤パプリカ、インゲンを具材にした「バーニャカウダ」の2種類。

麺やスープ、具材をすべて食べきっても198キロカロリーというヘルシーさを実現している。

50グラム入りで、価格は180円。