世界初のクレーンゲーム検定、知識・技術に関する「くれ達検定」。

写真拡大

“クレーンゲーム台数世界一”としてギネス認定を受けている「世界一のゲームセンター エブリデイ」経営の中村秀夫氏が、 世界初のクレーンゲーム認定資格を認定・発行する一般社団法人日本クレーンゲーム協会を設立した。

同協会は、「クレーンゲームならではの楽しさを通じて、日本中に笑顔の輪を広げる」ために、今年4月からクレーンゲームの達人検定(くれ達検定)を実施する。

「くれ達検定」は、日本中にあるクレーンゲーム、 UFOキャッチャーに関する知識・技術に関する検定試験。3級、2級、1級とそれぞれ項目が用意されており、すべて事前の準備や勉強は必要がなく、 検定日当日に指導を受ける&検定も合格できる仕組みだ。