画面解像度の向上、内蔵ストレージなどをスペックアップ

写真拡大

総合ディスカウントストアのドン・キホーテ(東京都目黒区)は、7型Androidタブレット「カンタンPad 2」を、2015年3月9日に、全国のドン・キホーテグループ店舗で発売した。価格は6980円(税別)。

「家電ソムリエ」による電話相談サービスを受けられる

よく使う機能を大きなアイコンで表示した画面や、テレビに出力するケーブルが付属するなど、14年11月に発売した従来機種からの特徴を継承しつつ、画面解像度を1024×600ドットに向上。内蔵ストレージ容量を4GBから8GBに増量するなど、スペックアップを図った。

ディスプレイは7型TFT液晶(1024×600ドット)。搭載プロセッサーは1.3GHz駆動のデュアルコア。メモリーは512MB、内蔵ストレージ8GB。最大32GBまで対応のmicroSDカードスロットを装備。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANをサポートする。

ソースネクストの人気アプリが使い放題のサービス「アプリ超ホーダイ」(月額388円、税込)の1か月無料版や、フェイスの音楽ストリーミング(配信)サービス「ファラオ」(月額400円、税込)の3か月無料版をプリインストール。標準搭載アプリを充実させている。専用ダイヤルで専門家「家電ソムリエ」が質問や相談に対応するサービスも提供される。