写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は3月10日、京都大学大学院情報学研究科 新熊亮一准教授と共同で、電子チラシサービス「Shufoo!」のアクセスログ情報を解析することで、ユーザー個人に最適化した電子チラシ配信を実現する「次世代レコメンド配信サービス」の実証実験を2015年4月から実施すると発表した。

今回は、配信手法開発の一環として、京都大学が開発したデータ活用による行動予測技術に着目し、膨大なアクセスログをさまざまな軸でスピーディーに解析することで、個々のユーザーとチラシの関係の定量化と、自動・多角的なレコメンド配信を実現したい考えだ。

両者は今後、実証実験の結果を踏まえ、「Shufoo!」ユーザーのすべてを対象とした本格的なサービスとして2015年度中の提供開始を目指す。