歌舞伎独特の化粧「隈取」デザインのTシャツ

写真拡大

ユニクロは、歌舞伎座を運営する松竹と協業して「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」を始動し、歌舞伎のモチーフをTシャツやバンダナ、トートバックにデザインしたラインナップを2015年3月20日からフランスを皮切りに順次世界展開する。国内では3月26日に全国のユニクロ店舗とオンラインショップで発売する。

日本の伝統文化を、世界のポップカルチャーに

プロジェクトは「日本の伝統文化を、世界のポップカルチャーに」というコンセプトで始動した。「日本から服を通じて世界を変えていこう」という思想のユニクロが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に選ばれた日本の伝統芸能「歌舞伎」を、服を通じて世界に紹介していこうというもの。プロジェクトアンバサダーは4代目市川猿之助さんが務める。

クリエイティブディレクター・NIGOさんがデザインや素材などを考え、松竹と猿之助さんの監修のもと商品を完成させた。

猿之助さんの屋号「澤瀉屋(おもだかや)」にまつわる紋や文様など、歌舞伎のアイコニックなモチーフをベースにデザインされたUT(ユニクロブランドのTシャツ)やSTETECO&RELACO、バンダナ、ストール、トートバックなど、男女共に楽しめるアイテムを展開する。歌舞伎の多彩な演目から生まれた独特の衣裳のつくりや、化粧法「隈取(くまどり)」からヒントを得たユニークなデザインが揃っている。