Photo:sunabesyou-Fotolia.com

写真拡大

子どもひとりの教育費に月10万円!

 前回は「無計画な教育ローンや奨学金は老後貧乏の伏線」というタイトルで子どもの大学進学費用について書いた。

 今回は、私立中学受験の話。私立は公立に比べお金がかかることは周知の事実だが、実際にどのくらいお金がかかるのか、綿密に調べたうえで私立中学への進学を決めている親は意外に少ないのが現状だ。

 事前に学費を調べた人でも、毎年学費を払い続けながらも貯蓄ができるかどうかシミュレーションしている人はごく少数に留まる。具体的にどのくらいのお金がかかるのか、私立と公立それぞれの費用を見てみよう。

 公立中学は年間40万〜50万円程度の出費に対し、私立中学は「年間120万円」かかるイメージだ。ただし、入学年は入学金等その他の費用がかかるため、合わせて150万円以上の出費となる。入学金等を別にしても、子どもひとりに月10万円とは! 2人通わせると月20万円。「大人の俺が月数万円の小遣いで我慢しているのに…」というみなさんのぼやきが聞こえてきそうだ。

 私立中学に進学すると、ほぼ100%高校も私立に通うことになることも想定しておきたい。中学から高校までの6年間の費用の合計額は、公立校は約251万円、私立校は公立校の2.5倍以上の約686万円にもなる。

「公立中学に行って高校受験のために塾通いするなら、エスカレーターで高校に上がれる私立のほうがトータルでお金がかからないと判断した」という話を男性からたまに聞くが、受験のための塾代をかけたとしても公立のほうが出費は少なくて済むケースのほうが多いのではないか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)