40年前もテック企業は「腕時計」に集まった

写真拡大

1972年に発売された「世界初のデジタル腕時計」は、コンパクトカーよりも高価だった。その後、パソコン事業に乗り出す前の各社が参入していった「腕時計市場」の歴史を動画とともに紹介。

ハミルトン(Hamilton Watch Company)が、世界で最初のデジタル腕時計とされる「Pulsar Time Computer」(以下Pulsar)を発表したのは1972年のことだった。

「40年前もテック企業は「腕時計」に集まった」の写真・リンク付きの記事はこちら

冒頭に掲載したムーヴィーでは、ハミルトンの大きなヴィジョンと、時間に関する哲学的な思弁が述べられているが、Pulsarは時間がわかるだけで、ほかの機能は何もなかった。「タイム・コンピューター」と名乗っていたが、計算機能もなければアドレス帳もない。

しかし、パソコンの黎明期で、コンピューターといえば大型マシンを意味していた当時は、コンピューター(と解釈できうるもの)を手首に装着するというだけで完全にSFの世界の話だった。

さらにPulsarには、センサーもあった。周囲の明るさが変わっても人間の目には同じように見えるように、LEDの明るさを調整する光センサーも搭載していたのだ。

ジャーナリストのハリー・マクラッケンは、「Pulsarのあるモデルは2,100ドルで販売され、サブ・コンパクトカー『フォード・ピント』の当時の価格より高かった」と書いている。Pulsarはまた、1973年の映画『007 死ぬのは奴らだ』にも登場している。ジェームズ・ボンドが装着したのだ。

その後、テクノロジー企業が次々とこの市場に参入した。「コモドール64」や「アミーガ」で有名になったコモドールは、パソコン事業に乗り出す前の1975年、LED腕時計を発売している(以下の動画)。

ほかに、HP(ヒューレット・パッカード)、インテル、シンクレアなども腕時計に参入した。「1970年代の腕時計事業は、1980年代のパソコン事業の前触れだった」とマクラッケンは指摘する。

「それまで科学向けの機器や事務用機械を専門としていたたくさんの電子機器各社が、このとき初めて、一般消費者に機器を販売するということを学んだのだ」とマクラッケンは言う。

しかし、こうした試みのほとんどは「コモディティ化」によって失敗することが運命づけられていた。最初は何千ドルもしていたデジタル腕時計の価格は、1970年代末にはわずか数百ドルにまで落ちた。コモドールやHPはすぐに、よりお金になり活気があるパソコン市場に移行していった。

そしていま、時計の針がゆっくりと「12」まで戻るようにして、コンピューター企業は腕時計ビジネスに戻ろうとしている。

TAG

TechHistoryVideoWatchWIRED US