U-22代表DF岩波…守備の要の誓い「それが自分の仕事」

写真拡大

 U-22日本代表に欠かせない最終ラインの要だ。だからこそ、責任感は人一倍強い。翌日にU-22ミャンマー代表との試合を迎えるU-22日本代表DF岩波拓也は、一つの場面を振り返り、同じ過ちは繰り返したくないと強調した。

 2月14日に行われたU-23シンガポール代表との試合では、8得点を奪って大勝しながらも、格下相手に1失点を喫した。フル出場していた岩波は、この失点を悔やんでいる。「隙を突かれたというか、絶対にあってはならない失点だったと思います。ああいう相手に無失点で試合を終えるのと、1失点してしまうのでは全然違います」。そこには、DFとしてのプライドがあった。

「僕たち守備陣にとっては、チームが何点取ろうとも1点取られれば、たとえ10点取ったとしても1失点すればそれが評価につながります。だから、どんな試合であろうとも、無失点で終えることを意識しないといけません。何より、それが自分の仕事です」

 手倉森誠監督が「ミャンマーの細かいスタイルは詰めていない状況です」と話したように、対戦相手の情報は多いとは言えない。岩波自身も「どれだけ強いのかは正直分かりません」と未知数の相手としている。

 だが、目指すものは変わらない。「もちろん無失点での勝利。自分がリーダーシップをとって良いパフォーマンスを見せたい」と力強く語ると、「今週末にリーグ戦がありますが、そのことは一度忘れて、明日の一試合に全力で臨みます」と魂の守備でゴールを守り抜くことを誓った。

(取材・文 折戸岳彦)