チームが完全にバラけてしまったデンマークとの初戦。1−2で敗戦。控え組の奮闘でかつてないターンオーバーの成功例をたたき出した、ポルトガルとの第2戦の圧勝。波乱含みのなでしこジャパンが挑んだ、現在の女子サッカー界世界トップとも称されるフランスとの第3戦は、良くも悪くも、なでしこジャパンの現状が炙(あぶ)り出された形となった。

 大会前から選手たちは、フランスとの一戦に照準を合わせていたと言っても過言ではない。2012年ロンドンオリンピック直前の対戦では0−2の完敗。本大会準決勝で再び相まみえた際には、日本が2−1で勝利をおさめた。フランスはこの敗戦を忘れてはいない。

「ほぼ"恨み"に近いかもしれないですよね。実際に選手たちも言ってましたから(苦笑)」とはフランスでのプレイ経験を持つ鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)

 現在FIFAランキングで日本を抜いて3位のフランスは、実践型で強化を図ってきているチームだ。多少の変動はあるものの、ある程度のメンバーは固定し、多くの親善試合を重ねてきた。前年まで新戦力を見出そうとしていた日本とは真逆の強化スタイルをこなしてきているのである。この試合は両者現段階でのチーム構成の熟成度が出た展開だった。

 前半は完全に日本のものだった。相手の出方を見ながらも積極的にプレスをかける日本。初戦では見失ってしまったつながりが、この日は戻ってきていた。日本の得点源であるセットプレイでも、相手DFの引き出し役として時に熊谷紗季(オリンピック・リヨン)、時に大野忍(INAC神戸レオネッサ)がポジショニングを変動させるなど、頭脳戦が繰り広げられた。

 バタつきを見せたのはフランスの方だった。ゴールゲッターであるE・ルソメルの動きをチームメイトである熊谷がシャットアウト。時折食らう右サイドのK・ダリのカウンターに対しても、左SBに抜擢された有吉佐織(日テレ・ベレーザ)と川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)が二人がかりで懸命に食い下がった。

 もちろん我慢の時間もあった。ケアしていてもサイドからボールを入れられた際には、中央でCBのみならずボランチ、逆サイドバックなど総動員で囲んだ。守備は完全に日本の形にハマっていた。だからこそ、前半43分、欲しかった先制点が日本に生まれた。パスカットをした大儀見優季(VfLヴォルフスブルク)から始まった攻撃は、スタメンのチャンスを掴んだ菅澤優衣香(ジェフ市原・千葉レディース)がプレスを受けながらも粘ってキープ、最後パスを受けた川澄のダイレクトシュートが、豪快にネットを揺らした。得意のショートカウンターの中に個の戦いを制した強さとコンビネーションが合わさったいい攻撃だった。

 ところが、後半は驚くほどなでしこが変わってしまった。いや、変わったのはフランスで、変われなかったのが日本だった。ここに両者の大きな差があった。ハーフタイムに修正を完了させたフランスは後半、見違えるほどのプレッシングを見せてきた。

 同点ゴールは後半8分。ゴールエリア内に侵入してきたL・ブローを倒してしまった近賀ゆかり(INAC神戸レオネッサ)のプレイがまさかのPKを取られ、これをG・ティネに決められた。この失点は事故のようなものであったが、その後の失点がいただけなかった。

 後半25分の2失点目は、大儀見がロングボールをキープしきれず、ボールを奪われたところからのショートカウンター。39分の3失点目は途中出場の阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)にボールをつけたところから奪われての決定打。41分にコーナーキックから一度は大儀見がネットを揺らすも判定はオフサイド。しかし、ゴールの香りがしたのはこのときのみ。相手のペースに持ち込まれ、リセットする隙も与えてもらえず、最後まで立て直すことができずに日本は1−3で逆転負けを喫した。日本は他グループ3位のチームも勝ち点で上回れず、大会参加史上最低位の9−10位決定戦に回ることになった。

 今大会、失点の仕方がマズいことは誰の目にも明らかだ。サッカーにミスは付き物である。が、ここまでの5失点中、3点は明らかに回避できるミス絡み。食らわなくていい失点だ。これはなんとしても改善しなくてはならない。

 そして、それらが起きる時間帯もマズい。特にゲームプランを消し去ってしまう立ち上がりの失点は何度も話し合ってきたことだけにより深刻だ。

 攻撃面でも課題は多い。フランス戦後半の攻撃は特にフィニッシュまでつながらず、90分を通して日本が放ったシュートは前半のゴール1本のみ。大儀見が下がってボールを受けることが多く、高い位置に起点を置くことが叶わなかった。大儀見をいかに高い位置にとどめておけるかは日本の得点パターンを広げる上で優先させるべきところ。これだけ日本のサッカーが研究されていれば、大儀見が前線でフリーになることはない。個で打開することに期待はしたいが、同時に彼女が作るスペースを活用する人間が必要だ。

 時折見られた宮間あや(湯郷ベル)がタテに走り込んだり、有吉が中に入り込む動きなど、イレギュラーなプレイを数多く生み出すことができればいいアクセントになるはずだ。攻守において、"立ち返る場所"はなくてならないもの。

「長くやってる仲間でも普段違うチームでやっていれば感覚のズレは出てくるもの」(熊谷)

 それは成長の度合いによっても同じだ。互いの成長をまだ完全に理解していない今、現なでしこバージョンの"立ち返る場所"を早急に構築しなければならない。まずはそこからだ。

 何度も映像を見て、話し合い、次へ生かす――日本の強みはこの修正力だ。ただ、この力を試合中に発揮できなければ相手の変化には対応できない。巧みに改善をしてきたフランスに対し、同じリズムでしか対応しきれなかったことは悔やまれるが、これも佐々木則夫監督の言葉を借りれば「フランスからの洗礼」であり、「今のチームの現状」(大儀見)と受け止め、持ち前の"修正力"で次へ生かすしかない。

「できないことをあやふやにしないで、全部出し切りたい。できないことをなんとなくできる......ってことにしてしまってはもったいない」と自らへの戒めを込めて語ったのは宇津木瑠美(モンペリエHSC)。

 できないことを認めた上で新たな打開策を練る。いつだってなでしこたちはそうして世界と戦ってきたはずだ。4年間それぞれに積み上げたものを完全に組み合わせるには絶対的に時間が足りていない。それでもやるしか道はない。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko