男子テニス国別対抗戦デビスカップのワールドグループ(以下WG)1回戦「日本対カナダ」――。日本は2勝3敗でカナダに敗れ、2年連続のWGベスト8進出はならなかった。

 日本は2011年のウズベキスタン戦以来、9回連続してホームでの試合が続いていたが、今回は速いインドアハードコートが用意されたバンクーバーでアウェーの洗礼を浴びる形になった。そんな中、エースとしてシングルスで2勝を挙げて存在感を示したのが、世界ランキング4位の錦織圭だった。

 デビスカップ直前、錦織はATPツアー・アカプルコ大会で準優勝してから、バンクーバー入りした。

「コンディションはいいほうだと思います。先週(アカプルコ大会)の疲れは多少まだ残っていますけど、しっかりと調整したい」と語った錦織にとって、デビスカップのアウェーゲームは、日本代表デビューとなった2008年のインド戦以来だった。

「僕にとって2回目のアウェーなので、またホームと違った感覚になると思いますし、気持ちの面でも強く持って戦っていきたいと思います」

 1年前、日本はカナダに勝利したが、相手のエースであるミロシュ・ラオニッチ(世界ランキング6位)と、2番手のバセク・ポスピシル(同62位)は不在だった。今回、ベストメンバーを揃えてきたカナダを、錦織は警戒した。

「前回の戦いとは確実に違います。シングルスにふたりの大きな壁がいて、ダブルスも強いチームなので。まずはシングルスで、ふたりに絶対に勝たないといけない」

 今シーズン、すでにツアー優勝1回・準優勝1回を果たし、ATPランキングを自己最高の4位に上げて好調をキープしている錦織だが、日本代表として戦うという過剰な気負いはなかった。

「チーム戦ですけど、自分がコートでするべきことは変わらない。ラオニッチは知っていますけど、(初対決の)ポスピシルが何をしてくるのか、しっかりと監督やコーチと相談して、勝つためにやることをコートでやるだけ。特に変わったことをするわけではない」

 カナダ戦初日の第1試合で伊藤竜馬(85位)が負けていたため、日本は絶対に連敗を避けたい場面ではあったが、錦織はまったく動じなかった。第2試合に登場した錦織はポスピシルを6−4、7−6(7−5)、6−3で下し、格の違いを見せつけたのである。

「常に平常心で、(第1試合で日本が)勝っても負けても、自分が勝つという目標は変わらない。特に意識して自分の試合に集中するように、試合前にも心がけていました」

 日本に貴重な1勝目をもたらした錦織を、デビスカップ日本代表監督の植田実は頼もしく感じ、彼の存在が他の日本代表メンバーの成長を促(うなが)していると指摘する。

「チームの中で発する錦織の言葉が、チームを成長させることにつながっている。それを受け取りながら、結果として表せるチームにならなければならない。我々(日本代表)は、彼のランキングにふさわしいチームになっていきたい」

 日本男子の中で突出した強さを誇る錦織は、日本のWGベスト4が次の目標だと語る。「可能な目標だと思う」と錦織が力強く言えるのは、彼がワールドレベルで多くの実績を残してきたからだろう。そして、いずれその発言が他の日本男子選手に好影響を及ぼし、日本男子の層がさらに厚くなってレベルアップすることを錦織は期待している。また、植田監督も錦織のリーダーシップに感銘し、日本代表がさらに強くなるように取り組んでいる。

 2日目のダブルスで敗れて日本の1勝2敗で迎えた最終日、第4試合の「錦織対ラオニッチ」は、まさにエース対決にふさわしい好勝負となった。ふたりの対戦成績はそれまで錦織の4勝2敗だったが、簡単に勝負がついた試合はない。時速220キロ以上のサーブをコンスタントに打ち込み、ツアー屈指のビッグサーバーであるラオニッチは、錦織の印象を次のように語る。

「圭はツアーの中で最も動きが素早い選手のひとり。ベースラインの近くにとどまって、タイミング早く打ってくるので、展開がとても速く感じられる」

 試合はワンブレークでセットが決まる際どい展開となった。錦織が3−6、6−3、6−4とリードを奪うも、第4セットでダブルフォルトが絡むサービスブレークをラオニッチに許して2−6。そして迎えたファイナルセットでは、第3ゲームを錦織が先にブレークするも、第6ゲームでブレークバックされて3−3となった。しかし錦織は、「気持ちを強く持っていけたのが一番のカギだった」と踏み止まり、第9ゲームでラオニッチのストロークミスとダブルフォルトを誘って再びブレークに成功。その結果、錦織が6−4でファイナルセットをもぎ取り、3時間5分の激戦を制した。

「自分が2勝するのは、絶対なことだと思っていた。(初日の)ポスピシルはもちろんのこと、(最終日の)ラオニッチにも勝つことを自分の目標として掲げていたので、こうしてアウェーで2勝できたのは嬉しいです」

 こう語った錦織の勝利で日本は2勝2敗となったが、第5試合で添田豪(86位)が敗れたため、惜しくもカナダに惜敗。日本は9月18日〜20日にWG残留をかけたプレイオフを戦うことになった。

 デビスカップ後、再びツアーに戻る錦織は、今季初優勝を目標に掲げているマスターズ1000(インディアンウェルズ大会とマイアミ大会)の大会に出場する。実はデビスカップ直前、バンクーバーで錦織の練習を見守るマイケル・チャン・コーチの姿があった。

「メンフィスには帯同したけど、アカプルコには行けなかったので、圭のコンディションを見ておきたいと考えました。カナダ戦もそうですが、その後のインディアンウェルズとマイアミまでの約1ヵ月間は、圭にとって非常に大切な時期になると思っています」

 そう語るチャン・コーチは、錦織が初めて世界4位になったことついて、次のように語った。

「(4位は)もちろん素晴らしい功績です。ただ、一時的なランキングに過ぎませんから、気にかけてばかりもいられません。すでに我々は、次を見つめています。そしてこれからも、圭がひとつずつ進化を遂げられるようにしていきたい」

 デビスカップでも抜群の存在感を示した錦織。チャン・コーチとともに今季初優勝を目指す戦いが、いよいよ北米で始まる――。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi