黒田博樹の故障知らずの肩と肘 負担大きい「魔球」を駆使して投球

ざっくり言うと

  • 広島に復帰した黒田博樹が、8日のオープン戦での登板で「魔球」を披露した
  • 直球と判別できないシュートだが、米国で7年間投げ続けた黒田は故障知らず
  • 広島時代も、クリーニング手術を受けた程度で、重症を負ったことはない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング