舞台『弱虫ペダル』特番 3月11日MBSで放送

写真拡大

 舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNERの東京公演が、日本青年館 大ホール(東京都新宿区)で3月6日に幕を上げた。

【関連:舞台『弱虫ペダル』広島呉南工業の待宮・井尾谷キャラビジュアル解禁】

舞台『弱虫ペダル』

 本作は既に公演チケットの前売券が完売となっており、3月29日の千秋楽公演は、全国&台湾の映画館でのライブビューイング上映が決定している。
さらに3月11日(AM 10:25〜10:54)には、MBSテレビで(関西のみ放送)特別番組「舞台『弱虫ペダル』って何?〜舞台の魅力を徹底紹介〜」の放送が決定している。

舞台『弱虫ペダル』

 舞台版の第6作目となる本作は、インターハイの1日目・2日目に続き、総合優勝をかけて行なわれる3日目。主人公・小野田坂道の総北高校と最大のライバル・箱根学園との熾烈なトップ争いに加え、眈々と王座を狙う京都伏見や広島呉南の選手たちが果敢に絡み合っていく、過酷なレースを締めくくる最終日の物語になっている。

舞台『弱虫ペダル』舞台『弱虫ペダル』

 舞台『弱虫ペダル』は、3月6日〜3月15日までの東京公演を皮切りに、3月19日〜22日は大阪・シアターBRAVA!、3月26日〜3月29日は福岡・キャナルシティ劇場と3都市で行われる。

 初日公演に先駆け行われた、公開ゲネプロでの各出演者オフィシャルコメントは以下の通り。

舞台『弱虫ペダル』

■小野田坂道役:村井良大(むらい・りょうた)
1か月公演というのは今までの舞台『弱虫ペダル』にはなかったので、非常に楽しみでもありつつ、怪我にも注意して、キャスト・スタッフ共に全員で最後まで走り続けていきたいと思います。最初、第一作目を上演したときにはみんなで「インターハイ篇もやりたいね」って話をしていたんですけど…まさか本当にこうしてインターハイ3日目を描けるということ、また、ほとんどキャストもチームも変わることなくここまで走り切れたということ、本当に嬉しく思っています。今回は最後のレースということで、見どころはもう…全部ですね!
もちろん、初めて観る方にも楽しんでもらえる内容になっておりますので、みなさんぜひぜひ劇場に足をお運びください。

■今泉俊輔役:太田基裕(おおた・もとひろ)
今回はインハイ3日目、レースとしてはひとつの区切りになりますので、しっかりと有終の美を飾れるようにキャスト・スタッフ一丸となって怪我のなきよう、健康第一で頑張っていきたいと思います。僕はこの舞台『弱虫ペダル』に第一作目から出演させていただいていて、その間、この作品が本当にどんどん大きくなっていくのを実感していまして…それに伴ってホントに思いも大きく積み重なっています。今までこの作品に関わってくださったたくさんの人の様々な思いを乗せながら、最後まで頑張っていきたいです。応援、よろしくお願いいたします。

■鳴子章吉役:鳥越裕貴(とりごえ・ゆうき)
僕も3年前からずっと出演しておりますが、先ほどゲネプロを終えまして…この舞台、やっぱりすごく汗をかくというのを改めて実感しているところです。僕は今回キャラクターとしては「鳴子劇場」という見せ場もありますし、ホントに各々がしっかりと役割を果たしながらバトンを渡しつつ、またそれを受け取ってゴールを迎えられたらいいなと思っています。みんな、全身全霊でこの舞台『弱虫ペダル』という作品に全身全霊、全力であたっております! 
お客様にもその熱量を受け取っていただけたら嬉しいです。

■荒北靖友役:鈴木拡樹(すずき・ひろき)
僕は“インターハイ”というものに出たことがなくて、擬似的にこうしてインターハイを体験させていただいて、改めて荒北靖友にとっても僕にとってもインターハイっていうのはこの一度しかないんだなって思うと…やっぱり、素敵な汗をかいて終えられたら嬉しいですよね。インターハイのファイナル、ホントにたくさんのみなさまが楽しみにしてくださっていると聞いていますし、僕らはその楽しみを倍にして返し、笑顔で送り出したいと思っています。ホントに全部が見どころです。ひとりひとりの生き様を見てもらいたいです。みなさんの応援、よろしくお願いいたします!

■真波山岳役:植田圭輔(うえだ・けいすけ)
我々キャスト一同本当にこの作品が大好きで…もう、ここまで大きく育ったことに感謝しかありません。だからこそ、今回も始めたころから変わらず“熱量と気合い”で乗り切っていきたいですね。僕たちも、そしてお客様にもずっと待ち望んでいただいていたインターハイ3日目ということで、ホントに僕らにできることはたくさん汗を飛ばして、その汗をお客様に受け取っていただくことだなぁと思ってます。全員で闘っていきます! なので、みなさまにもぜひとも“観劇”ではなく“観戦”という気持ちで楽しんでいただければと思います。

(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダル製作委員会

※訂正:大阪公演の情報で誤った会場情報を記載しておりました。訂正してお詫びいたします。(正:シアターBRAVA!)