U−22日本代表、負傷のMF秋野央樹に代えてDF安在和樹を追加招集

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は10日、国際親善試合のU−22ミャンマー代表戦とAFC U−23選手権2016予選に向けて国内合宿中のU−22日本代表に選手変更があったことを発表した。

 柏レイソルの所属するMF秋野央樹がけがのため途中離脱。代わって東京ヴェルディ所属のDF安在和樹が追加招集されている。

 安在はクラブ公式HPを通じて、「U−22日本代表に招集していただき、非常に嬉しいと同時に身が引き締まる思いがします」とコメント。「自分の持ち味をしっかりと出して、チームに貢献できるように全力で戦います。ユース時代の同期も選ばれていますし、いち早くチームに馴染んで試合に絡めるように頑張ります」と意気込みを語っている。