2019年アジア杯の開催国がUAEに決定…8枠増の24チームが本大会出場

写真拡大

 9日、アジアサッカー連盟(AFC)は、2019年のアジアカップをUAEで開催すると発表した。UAEでの開催は1996年以来、6大会ぶり2回目となる。

 アジア杯は2019年大会から出場チームが8チーム増え、24チームで争う。予選は40チームが5チームずつの8グループに分かれ、ホーム&アウェー方式で総当たりのリーグ戦を行う。

 ロシア・ワールドカップのアジア予選も兼ねて行われ、各グループ1位の8チームと、各グループ2位のうち成績上位4チームの計12チームが、アジア杯本大会とロシアW杯最終予選に進出。それ以外の成績上位24チームが残り12枠をかけて、アジア杯最終予選で戦う。

 1月にオーストラリアで開催されたアジア杯で、日本代表は5大会ぶりに準々決勝で姿を消している。