クールジャパンの「次」は、 ウォームジャパンが来る!?:THE NEXT BIG THING  IN JAPAN

写真拡大

2014年12月15日から2015年1月18日までの約1カ月間、『WIRED』は、「クールジャパンの『次』をみんなで考えよう!」と題したアンケートを実施。量子力学の数理を用いたマーケティングエンジン「Scanamind」を使ったこの取り組みに、2,570人の日本人と593人の在日外国人が参加した。その結果は、いかなる未来を指し示してくれたのか?

「クールジャパンの「次」は、 ウォームジャパンが来る!?:THE NEXT BIG THING IN JAPAN」の写真・リンク付きの記事はこちら

今回のアンケートに使用されたScanamindは、本人も答えようがない「無意識の概念構造」を、量子数理を用いて可視化するツールである。テーマに対してあらかじめ質問を用意するのではなく、回答者自らがつくった質問に本人自身が直感的に回答していくことで、無意識の構造が自動生成される仕組みとなっている。その結果生まれたのが、この2つの概念構造マップだ。

この2つのマップから、どのような「日本の進むべき未来」を読み取ることができるのか。まずは共通項から見てみたい。

クルマや家電に代表される「ものづくり」。きめ細かなサーヴィスに象徴される「おもてなし」。自然や和食、温泉やわびさびといった日本独自の「エキゾチック性」。この3つの特徴が今後も日本の魅力となる大きな要素だと、日本人も外国人も認識しているようだ。同じような位置と角度に“集合”(赤いサークル)を配置できることが、それを示している。

今回のアンケートの結果をじっくりご覧になりたい方は、下記からファイルをダウンロードすることができます。

・Windowsの方はこちらから
・Macintoshの方はこちらから

PCブラウザからダウンロードしてください。ダウンロードされるデータファイルはFlashで生成されたデータファイル(exe、app)です。zipファイルを解凍し、ファイル(windows=exe / macintosh=app)をダブルクリックするとデータを閲覧できます。
※スマートフォンからは閲覧できません。


140216scana02

在日外国人の回答者(593人)が挙げたキーワードと、その相関関係が可視化された「概念構造空間」。ウォシュレットを“発明”したTOTO、スポーツカーに速さのみならず快適性を追い求めるLexus、機能性インナーを追求したユニクロなどが、「Warm Tech」や「Clean & Health」の代表例といえるだろう。この2つの要素が「ものづくり」「おもてなし」「エキゾチック性」と融合され、キュレーションされると、今後重要な価値を生み出す可能性がある。

一方、異なる点としてまず目につくのが、「クールジャパン」の位置だ。日本人のマップでは、2時方向に“集合”があるのに対し、在日外国人のマップでは、「エキゾチック性」の中に内包されている。この点に関し、Scanamindを運用するクリエイティブ・ブレインズの代表、鈴木一彦はこう語る。

「おそらく、『クールジャパン』として抽出されているアニメやゲームといった要素は、外国籍の方々にしてみると、『自分たちにはない日本の魅力』という“ひとつの枠組み”に思えるのでしょう。海外に対して日本の魅力をアピールするキラーフレーズであったはずの『クールジャパン』ですが、そのメッセージは、海外にはさほど届いていなかったのかもしれません」

もうひとつの差異として浮かびあがってくるのが、「Warm Tech Japan」「Clean & Health」と名付けられた、ブルーの“集合”の存在だ。外国人にだけ見えている日本のストロングポイントである。今回のアンケートの監修を務めたひとり、レゾネア代表/慶應義塾大学大学院KMD特任教授の水口哲也は、このブルーの“集合”にこそ日本の未来を感じるという。

「『Warm Tech』は、50年間重大な事故を起こさず運用している新幹線に象徴される、テクノロジーとホスピタリティの融合から生まれた価値観だと思います。考えてみると、日本の強みはずっと『Warm Tech』だったのかもしれません。その強みを今後どこに生かせばいいのかというヒントが、『Clean & Health』ではないでしょうか。例えば、四季や和食や温泉といった要素とテクノロジー&おもてなしの要素が巧みに編集された、日本独自のメディカルツーリズムの開発などが考えられますよね。人を幸せにするテクノロジーというのは、おそらく、今後の日本のブランディングに欠かせない要素だと思います」

「クリーン」「テクノロジー」「おもてなし」。この3要素の配合によって成立している代表格が、TOTOの「ウォシュレット」だろう。

躍動感と静謐さを併せもつ走行性能、あるいは細部までこだわり抜かれた意匠。LEXUSの追求する価値が、「テクノロジー」と「おもてなし」の絶妙なるブレンドから生み出されていることがわかるヴィデオ。

作品としての『ベイマックス』を、日本のエンターテインメント業界は生み出すことができなかったが、「テクノロジー」「おもてなし」「クリーン」「ヘルスケア」という要素のハイブリッドである「ベイマックス」のようなケアロボットやサーヴィスの開発は、日本の産業界が目指すべきひとつの指針のなのかもしれない。