「rOtring800+」の使い心地:紙でもタブレットでもすいすいペンは進む〜イラストレーター・長場雄

写真拡大

バウハウス由来の伝統をデジタル時代にアップグレード。紙でもタブレットでも思うがままの線を自由自在。rOtring(ロットリング)の最新ハイブリッドペンシル、その描き心地やいかに?

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「「rOtring800+」の使い心地:紙でもタブレットでもすいすいペンは進む〜イラストレーター・長場雄」の写真・リンク付きの記事はこちら
150303rotring02_dsc_9043

2/8メカニカルペンシルで描いた「1$紙幣」。

150303rotring03_dsc_9079

3/8スタイラスとして使用。

150303rotring04_dsc_9075

4/8メカニカルペンシルとして使用。

150303rotring05_sample_01b

5/8スタイラスとして使用したときの仕上がり。

150303rotring06_sample_01a

6/8メカニカルペンシルとして使用したときの仕上がり。

150303rotring07_sample_03b

7/8スタイラスとして使用したときの仕上がり。

150303rotring08_sample_03a

8/8メカニカルペンシルとして使用したときの仕上がり。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 150303rotring01_dsc_9046

「学生時代に使ってたrOtring。久しぶりに使ってみたらやっぱりいいです。ぼくはいつも紙にエンピツですが、タブレットでも結構いい線が描けました」──。スタイラスとしてタブレットに描いた「1$紙幣」。

150303rotring02_dsc_9043

メカニカルペンシルで描いた「1$紙幣」。

150303rotring03_dsc_9079

スタイラスとして使用。

150303rotring04_dsc_9075

メカニカルペンシルとして使用。

150303rotring05_sample_01b

スタイラスとして使用したときの仕上がり。

150303rotring06_sample_01a

メカニカルペンシルとして使用したときの仕上がり。

150303rotring07_sample_03b

スタイラスとして使用したときの仕上がり。

150303rotring08_sample_03a

メカニカルペンシルとして使用したときの仕上がり。

進化して戻ってきた「名品」

「rOtringの製図ペン。懐かしいですね。実は、美大に通っていたころに使っていたんです。『これを使え』って学生全員買わされたんですよ(笑)。仕事では鉛筆をずっと使っていたんですが、改めて手にしてみるとやっぱりいいです。持ちやすさ、重み、線の安定感。また使おうかな、という気になりました」

そう語るのは、洒脱な線画が、雑誌や広告などで人気のイラストレーター・長場雄だ。

1928年にバウハウスの影響下にあったドイツで誕生し「芸術と産業の融合」を高らかに謳いながら、美術・建築におけるモダニズムを下支えした「名品」は、その伝統に違わぬ威力を「紙」の上において、いまも誇っている。

しかし、時代は変わり、イラストレーターの主戦場は、必ずしも「紙」ではなくなった。タブレットを用いて、いつでも、どこでもスケッチを、なんて需要も出てきた。「絵を描くこと」にまつわる、そうした生態の変化に合わせて、rOtring(ロットリング)が世に放ったのが、スタイラスとメカニカルペンシルが一体化したハイブリッドペン「rOtring 800+」だ。

「最初はちゃんといい線が描けるか、ちょっと不安だったんです。でも、かなりいい線いきましたよ」。長場はそう語りながら、iPadを取り出した。長場らしいニュアンスに富んだ線で描かれた「1$紙幣」。使用したのはLINEのお絵描きアプリだ。メカニカルペンシルで描いたときの精緻な線とは異なるが、しっかりと優美な線がそこにはある。それぞれの特性に従うならば、メカニカルペンシルはデッサン用に、スタイラスは清書用に、なんて使い分けも可能かもしれない。

うれしい驚きとともに、かつてのユーザーの手元に帰ってきた進化した「名品」。そのポテンシャルは、それを使いこなしていくクリエイターたち、すなわちすべてのユーザーの手によって、これから引き出されていくことになるだろう。

150303rotring_DSC_9102

長場雄|YU NAGABA
イラストレーター。1976年東京都生まれ、東京造形大学卒業。広告、装丁画、挿画、アパレル、パッケージデザインなど幅広く活動中。主な仕事に、雑誌『POPEYE』表紙、ソフトバンクのLINEスタンプ、PRONTOのカップデザインなど。本誌ではSF映画にまつわる新連載に登場! http://www.nagaba.com/

rOtring 800+
バウハウスの伝統をデジタル時代に!


メカニカルペンシルとスタイラスが一体化し、紙とデジタルの双方に対応したハイブリッドペン「rOtring 800+」。独自の回転式ペン先収納メカニズム「ツイスト・アンド・クリック」により、メカニカルペンシルとスタイラス2つのモードが同じペン先で使用できるハイブリッド デザインを実現。正確でコントロールしやすいシリコン製スタイラスは、静電容量式タッチスクリーンに対応。人間工学に基づいたメタルボディの使いやすさは言わずもがなだ。

ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン TEL.0120-673-152]