「お金を生むのは赤いランプ」海外仕込みの“レインメーカー”オカダ・カズチカ 【プロレス女子の手記4】
 黄金時代再来と騒がれる新日本プロレスの、「今」と「過去」をつなぐ、待望の新DVDシリーズ『俺たちの新日本プロレス』――。3月18日(水)に発売となる第1弾の特集は、「外国人レスラー」。

 プロレスがゴールデンタイムにテレビで放送されていた頃、プロレス界を盛り上げたのが外国人レスラーたち。スターである日本人レスラーが海外からやって来た未知なる強豪に立ち向かう様は、昭和プロレスファンを魅了したに違いない。そんな外国人レスラーについて、今の新日本プロレスのメインストリームを走るオカダ・カズチカが語ってくれた。

 オカダは中学卒業と同時に、ウルティモ・ドラゴンの「闘龍門」に入門。すぐにメキシコに渡った。その後、新日本プロレスに移籍してから、アメリカ・TNAで武者修行。アメリカンプロレスのエンターテイメントを学び、現在は「レインメーカー」として新日本プロレスに“カネの雨”を降らせている。

 海外経験の長いオカダ・カズチカにとって、外国人レスラーとは、アメリカンプロレスとはどのような存在なのだろうか?

――日本だけでなく、アメリカでもたくさんの外国人レスラーを見てきたオカダ選手。一番影響を受けたレスラーは誰ですか?

カート・アングルです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=213192

元WWEの選手で、TNAで一緒でした。新日本にも来ています。アトランタ五輪のレスリング100kg級金メダリスト。どんな体勢からでも面白い試合をするところが好きですね。どこからでもアンクルホールドという必殺技に入れる。そういう発想があるんだ、というのはすごいと思います。

――TNAではハルク・ホーガンとも一緒だったそうですが、ホーガンはどんな選手でしたか?

オーラとか、スター性が際立っていました。入場でもバックステージでもカッコよかったです。ホーガンは常にホーガンなんですよ。普通、オンとオフがあるじゃないですか。ホーガンはオフがないというか。私服でもバンダナを巻いていましたし(笑)。

――「外国人レスラーに、『WWEではなくニュージャパンに行きたい』と言わせたい」と発言されていますが、その真意とは?

WWEが世界一の団体だと思いますし、外国人レスラーみんな、最終的にはWWEに行きたいと思っていると思うんですよ。でもWWEじゃなくて、ニュージャパン、新日本プロレスに行きたいからレスラーになったんだ、という人を増やしたいんです。そのために、新日本プロレスを世界に発信していきたいんですよね。

――WWEからオカダ選手にオファーがあった、という噂もありましたが……。

ないです、ないです! あったら行ってますから!……ウソです、あっても行かないです(笑)。

――オカダ選手は自伝の中で、「TNA時代、日本でトップになりたいと思った」と書かれています。

試合にあまり出してもらえなかったので、ふて腐れまして。じゃあ、いいや、こんな団体、みたいな。ただ、モチベーションにはなりましたね。「TNA、見とけよ」という。僕を使わなかったことを後悔させるくらい、活躍してやろうと思いました。そのお陰でアメリカでいろいろな練習もできたので、結果的には良かったですね。

――試合が組まれなかったのは、どうしてでしょうか……?

人種差別もありましたし、いま思えばレスラーとして足りなかったと思います。普通に試合するだけじゃダメな世界ですからね、アメリカは。強ければいい、すごい技をやればいい、というわけではなくて。何か面白いことをしたり、すべて揃わないとダメなんです。それを知ったことが、いま自分のスタイルである「レインメーカー」に繋がっていると思います。