CTS feat.初音ミク『千本桜』』 /イラスト・虎硬さん (C)Crypton Future Media, INC.

写真拡大

正体不明の覆面3人組エレクトロニックダンスユニット・CTSが、ボーカロイドの初音ミクとコラボを果たした楽曲『千本桜』を、3月18日(水)にシングル、25日(水)にEPという形で配信限定リリースする。

【EDM版『千本桜』か? 覆面ユニットCTSが初音ミクとコラボの画像・動画をすべて見る】

ジャケットイラストを担当するのは、イラストレーター/グラフィックデザイナーの虎硬さん。

大正浪漫風の衣装をまとった「千本桜」初音ミクをバックに、CTSのボーカルのCircleさん、シンセ担当のTriangleさん、DJ担当のSquareさんが立ちはだかるビジュアルになっている。

3月9日、ミクの日に発表!EDMユニットとボカロのコラボ



【ニコニコ動画】『初音ミク』千本桜『オリジナル曲PV』

楽曲『千本桜』は、もともと2011年にボカロPの黒うさPさんが作詞・作曲・編曲し、「初音ミク」を使用して公開した楽曲。

多くのコスプレや、「歌ってみた」「踊ってみた」などの二次創作を生み出し、トヨタのCMソングへの起用やミュージカル化までされたほどの人気曲だ。

3月9日は「ミ(3)」「ク(9)」ということで「ミクの日」とされ、Twitterやニコニコ動画などのネット上でも初音ミクのイラストや動画が多数アップされるなど、祭り状態となっている中で発表された、今回のCTSとのコラボレーション。

人気バンド・BUMP OF CHICKENとのデュエットによる楽曲「ray」も記憶に新しい初音ミク。EDMを中心としたCTSのサウンドとの融合で、どんな「千本桜」が生まれるのか注目だ。