スマートシューズ「Orphe(オルフェ)」(左)きゅんくんさん(右)近衛りこさん

写真拡大

ユーザーの動きで光や音を制御する、パフォーマンスに特化したスマートシューズ「Orphe(オルフェ)」が、アメリカのクラウドファンディング・Indiegogoにて、3月12日(木)より資金募集をスタートする。

【光る靴をアプリで操作! きゅんくん参加のLEDシューズが近未来の画像・動画をすべて見る】

「Orphe」は、最新のモーションセンサーや、約100個以上のLED、無線モジュールなどを内蔵。ユーザーはスマートフォンアプリなどを使い、自分の動きと、光と音のインタラクション(相互作用)を直感的に操作することができる。

目標金額は30,000ドル(約360万円)。集まった資金は、基板の製作や開発する仲間の募集などに使用される。

モーションセンサーとLEDを用いたスマートシューズシステム


(上段)Black shoes Prototype、(下段)White shoes Prototype

(上段)Black shoes Prototype、(下段)White shoes Prototype



「Orphe」の開発を手がけるのは、秋葉原にあるファクトリー付きシェアオフィスDMM.make AKIBAに居を構え、音楽用インタフェースなどを開発する株式会社no new folk studio

ロボティクスファッションクリエイターとして、様々なウェアラブル・デバイスを製作するきゅんくんさんもチームに参加している。

また、Bluetoothによる接続で、様々なアプリケーションと連携・演奏を行うためのiOS専用アプリも無償で提供される予定。Android版、OSX版については、クラウドファンディングの達成金額に応じて提供が決まるようだ。

そして、3月15日から18日には、アメリカ・テキサスで行われる音楽と技術のイベント「SXSW」にて、シューズの試作品を展示。さらに、シカゴ発祥のダンスのジャンルであるJUKEやFOOTWORKの第一人者・Takuya Harashimaさんによるパフォーマンスも行われる予定だ。

スマートシューズシステム「Orphe(オルフェ)」

スマートシューズシステム「Orphe(オルフェ)」



DMM.make AKIBAでの製作の模様

DMM.make AKIBAでの製作の模様



※画像は、no new folk studioウェブサイトより