U−22日本代表は9日、国際親善試合のU−22ミャンマー代表戦とAFC U−23選手権2016予選に向けた国内合宿をスタートさせた。

 練習後、松原健は「Jリーグも開幕して、個人個人のモチベーションも高くなっていると思う。その中で今回は代表の試合ということで、しっかり気持ちを切り替えて臨みたい」と語った。

 チームのコンセプトについては、「サイドからの攻撃やアーリークロスを狙っていくし、フォーメーションが変わった時もみんなが柔軟に対応できるようになればいい」とコメント。11日にフクダ電子アリーナで開催されるU−22ミャンマー代表に向けて、「チームとしては、まずはしっかり勝ち星を得ることが先決。個人としては、しっかりと自分の特長を出せるように準備していきたい」と意気込みを口にした。

 2016年のリオデジャネイロ・オリンピック一次予選を兼ねるAFC U−23選手権2016予選は、27日から31日に開催。日本はマレーシア、ベトナム、マカオとともにグループIに振りわけられている。グループIは全試合がマレーシアで行われ、日本は27日にマカオとの初戦に臨み、29日にベトナム、31日にマレーシアと戦う。