国立病院の研修医が誤った造影剤を注射し患者死亡 東京都

ざっくり言うと

  • 患者に誤った注射をして死亡させたとして9日、女性医師が在宅起訴された
  • 脊髄への投与が禁止されている造影剤を注射し、患者は急性呼吸不全で死亡
  • 医師は研修医で、1人で造影剤の脊髄注射を行うのは初めてだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング