OSK日本歌劇団、若手中心の『狸御殿〜HARU RANMAN〜』4月に公演―91期初舞台生も出演

写真拡大

 OSK日本歌劇団が、若手メンバーを中心にした、真麻里都主演『狸御殿〜HARU RANMAN〜』を、大阪ドーンセンターで4月2日〜5日に公演する。

【関連:「宝塚がアンパンマンを舞台化!」というネタ投稿がTwitterで大拡散→本気にする人続出】

公演イメージ写真

 『狸御殿』は和製ミュージカルの名作。舞台化と映像化幾度となくリメイクされ、OSKでも1984年に公演している。
約21年ぶりとなる、今回のOSK版『狸御殿』では、「完全新作OSKオリジナル」として公演するという。

狸御殿〜HARU RANMAN〜狸御殿〜HARU RANMAN〜

 殺陣あり、涙あり、笑いあり、「人情」ならぬ「狸情」もあり、さらにはOSK名物のキレのあるラインダンスも勿論盛り込まれる。
なお、この作品には、91期初舞台生の朔矢しゅう、壱弥ゆう、藍莉かのん3名も出演する。

 『狸御殿〜HARU RANMAN〜』チケットは、A席(自由席) 5,000円〜SS席 8,000円。取り扱いはOSK公式サイト、チケットぴあ、ローソンチケットで行われている。