マクラーレンとの黄金コンビ復活で7年ぶりにF1に復帰するホンダがついにベールを脱ぐ。開幕戦オーストラリアGP(3月13日開幕。決勝は日本時間15日14時から)まであと数日。だが、下馬評では苦戦が伝えられており、開幕直前になっても混乱が続いている。

 2月22日のバルセロナでのテスト走行で、フェラーリから年俸48億円で引き抜いた元世界チャンピオンのフェルナンド・アロンソがクラッシュ。そのままヘリコプターで病院送りとなり、4日間の入院。脳や骨の異常はなかったが、開幕戦出場が危ぶまれている。
 「事故原因は『予測不能の突風の影響』との説明でしたが、居合わせた関係者に額面通り受け取る人は少ない。事故を起こす前に何らかの事情でアロンソが気を失ってしまうような状況に陥っていた、という情報が囁かれているのです。電気系統のトラブルで感電し、失神したのではと…。現在のF1では、エンジンサプライヤーは以前のような『エンジンだけの供給』ではなく、エネルギー回生システムを複雑に組み合わせた『パワーユニットでの供給』にレギュレーションが変更されており、テスト中に何らかの異常が発生した可能性も否定できない。現地メディアはそのように伝えています」(モータージャーナリスト)

 新マシンを投入する直前テストではさまざまなアクシデントは想定内だが、調整が遅れているのを暴露する形となった。26日のテスト走行でも、もう一人の元世界チャンピオン、ジェンソン・バトンの駆るマクラーレン・ホンダはパワーユニットの交換トラブルに見舞われ、7周しか走ることができなかった。参加した8チームの断トツ最下位。トップのフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)には最速ラップで8秒近く離され、マシンセッティングが万全でないことを露呈した。
 「開幕戦オーストラリアGPを全世界のモータースポーツファンが注目しているだけに、威信を懸けて準備を進めてきた。ホンダは昨年、本業の市販車部門で一人負けの状態でした。F1復帰とジェット機進出で一気に王者トヨタに襲い掛かるはずだったのですが、2013年秋に販売した『フィット』のハイブリッドシステムに不具合が出て1年余りで計5回のリコール。米国で起きたタカタ社の欠陥エアバッグ問題が追い打ちをかけ、トヨタとの差は開く一方。ハイブリッド車の国内シェアはトヨタが半分以上を占め、ホンダはグーの音も出ない状況が続いていた。その悪い流れを変えるターニングポイントこそF1復帰だったのですが…」(自動車評論家)

 一方、トヨタは自動車レースでも『ル・マン24時間』に代表されるWEC(耐久レース)に路線を定めた。得意のハイブリッドシステムを駆使し、昨季は参戦3年目にしてドライバー、チームともに年間王者に輝いた。今年は中嶋悟の息子、一貴を擁してル・マン制覇に挑む。
 市販車においてもトヨタは昨年12月に究極のエコカーである燃料電池車『MIRAI(ミライ)』の販売を開始した。地球温暖化を招くCO2排出規制の意識の高い欧州市場へも殴り込みを図っている。
 この“環境路線”を進むトヨタに対し、ホンダはF1復帰が象徴するように“スーパーカー路線”で勝負に出た。アベノミクスによるバブル再来を先取りすべく、ポスト・フェラーリを目指した『新型NSX』の投入だ。
 「日本がバブルに沸いた時代、自動車メーカーにもいきおいがあった。トヨタがベンツをターゲットに初代レクサスLSを投入すれば、日産はポルシェを視野にスカイラインGT-Rを復活製造。そんな中で1988年にF1で16戦15勝したホンダは、フェラーリ何するものぞと排気量3000cc、V6エンジン搭載のNSXを世に送り出した。しかし、バブルがはじけフェードアウト。そのホンダが今年に入り、デトロイトの北米自動車ショーで同社の高級車ブランド『アキュラ』からスーパーカー『新型NSX』の量産モデルを世界初公開したのです。価格は15万ドル(約1800万円)でホンダ史上最高額。もちろん、このNSXの販売の成否はF1の成績にかかっています」(スポーツ紙記者)

 ホンダは2月23日、伊東孝紳社長に代わって八郷隆弘常務執行役員が社長に就任する仰天人事を発表した。社内の取締役9人を一気にぶっこ抜く大手術。攻めの経営方針をさらに進めた格好だ。
 「2020年の東京五輪までは安倍政権との相乗効果で好景気が続き、この5年が勝負と見ている。その間に稼げるだけ稼ぎ、トヨタを猛追する。F1がその旗頭なのです。まあ首尾よく成功すれば万々歳ですが、逆に低迷すれば炎上するもろ刃の剣。あのフェラーリはF1での不振が原因でブランド力を弱めており、そのポジションをNSXが狙っているわけですが、チャンピオンになれなければ絵に描いた餅に終わってしまいます」(同)

 現段階ではまだ調子が上がってこないマクラーレン・ホンダだが、ドライバーは2人とも元世界チャンピオン。バトンは人気モデルの道端ジェシカと結婚したばかりだし、アロンソも日本人の元ミスユニバースと交際4カ月。充実の私生活同様“パワード・バイ・ホンダ”スピリッツを見せてくれるに違いない。