エストニアのタリンで開催された世界ジュニア選手権。女子の日本勢は樋口新葉(わかば)が3位になったのをはじめ、坂本花織が6位、永井優香が7位という結果になった。

 3月4日に行なわれた女子ショートプログラム(SP)。樋口新葉は12月のジュニアGPファイナルの最終成績と同じ、ロシア勢のエフゲニー・メドベデワとセラフィマ・サハノビッチに次ぐ3位発進となった。演技後の樋口は「スピードは若干足りなかったと思うけど、ジャンプのミスも少なくてスピンとステップのレベルも取れていたので、自分のなかでは満足出来る演技だったと思う」と納得の表情で語った。

 得点は61.27点の自己ベスト。ファイナルではロングエッジ(誤ったエッジ)を取られていた3回転フリップは「エッジがクリアでない」ことを示す"!"マークがつけられたものの、出来ばえのGOE減点を0・90点に抑えた。SP5位発進だったファイナルの時と比べると、首位のメドベデワには差を広げられたが。動きにキレがなかったサハノビッチとの差は5.68点差から1.17点差に詰めていた。

 前日の公式練習では、ジャンプを跳ぶ前に、大きな動きでステップシークエンスを繰り返していた。「今年になって大きな大会が増えてきたので、公式練習でアピールすることでジャッジがどう見てくれるかなと考えるようになったので......。今日はジャッジが見ていたから、ステップはけっこう頑張ってアピールしました」と語っていた。その効果があったのか、今回のステップはレベル4。出来ばえを加えた得点も4.80点と、ファイナルを0.70点上回っていた。

 SPの演技後、樋口に「作戦勝ち?」と問うと、「はい」と答えて笑みを浮かべた。

 中1日置いた6日夜のフリー。樋口の演技順はサハノビッチとメドベデワに挟まれた21番滑走。ひとり前のサハノビッチは、終盤のルッツのエッジエラー以外は完璧で、情感も溢れる素晴らしい演技をした。

「サハノビッチは絶対にいい演技をしてくると思っていたので、全部想定内です」と笑顔で答えた樋口は、「頭のなかでいろんなことを考えることなく、ノビノビと滑れたので良かった」と言う。

 出だしからスピード感の溢れる演技を披露して、最初の3回転ルッツ+3回転トーループに続き3回転ループもきれいに決めた。結局7回のジャンプはすべてで加点を0.64点から1.40点もらう完璧な出来。ステップはレベル3だったか、スピンは3つともレベル4でノーミスの演技だった。

 結局フリーは、前に滑ったサハノビッチを1.24点上回る124.30点。合計も185.57点にして、0.58点差にまで迫ったのだ。

「GPファイナルや全日本では少しスピードを抑えたけど、今回はスピードを出そうと思っていたので、それができて良かったです。しっかりスピードを出さないと3回転+3回転もきれいに入らないというのはわかっていたので、それをしっかり出来て跳べたのは、自分のなかですごく嬉しかったです。緊張はすごくしていて、全日本の時と同じくらいだったから、演技が終わったあとは立てないのかなと思っていたけど、何とか歩けて良かった」

 こう話す樋口は演技終了後は両手で顔を覆い、満足感に包まれた表情を見せていた。

 その後、SPの時から風格を感じさせるような雰囲気だったメドベデワが、ミスを序盤のルッツのエッジエラーだけに抑える余裕溢れる演技をして得点を192.97点にして優勝。樋口はジュニアGPファイナルに続く3位という結果になった。

 だがそれは惜しい3位でもある。フリーだけを見れば、技術点はメドベデワを4.22点上回った。演技構成点の差で敗れたとはいえその得点差は0.19点。合計で12.80点差を付けられたジュニアGPファイナルに比べ、一気に手が届くところ(合計で7.40点差)まで迫ったのだ。

「今シーズン最後の演技だったので自分でもすごく満足出来る演技ができたし、SPの悔しさを挽回できたと思います。SPで小さなミスが出てしまったので、その分ロシアのふたりに比べて点数が低くなってと思うけど、ここまで追いつけたので、来シーズンはふたりを抜けるようにしたいと思います」

 今後の課題について、樋口は「トリプルアクセルは絶対に必要かなと思っているし、今も練習であと4分の1回転くらいまではきているので、絶対に跳びたいと思います。それに組み合わせはまだ考え中だけど、今ひとつしかない3回転+3回転をふたつ入れられたらいいなと思っています」と語っている。

 今シーズンになって急に注目されるようになったことに対して、「まだ気持ちの整理がついていないし、ビックリしています」と戸惑うところもあるが、「これからもっと上にあがるためにはそういうのも必要になると思うので......」と、これまでとは違う意識も持ち始めている。

 来シーズンに向けて、大きな収穫となる大会になった。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi