写真提供:マイナビニュース

写真拡大

UHA味覚糖は3月9日、同社のキャンディ「ぷっちょ」を燃料とするハイブリッドロケットの打ち上げに成功し、その模様を動画で公開した。「Candy Rocket Project」と名付けられたこのプロジェクトは、UHA味覚糖と秋田大学秋田宇宙開発研究所の和田豊 所長、和歌山大学宇宙教育研究所の秋山演亮 所長、国立天文台チリ観測所の阪本成一 教授が立ち上げたもの。

今回打ち上げられたロケットは、「ぷっちょ」約20個が詰まった筒状の燃焼器に酸化剤を入れ、「ぷっちょ」が溶けながら燃えてガス化したものが噴射される力を利用するという仕組みで、3月7日に打ち上げを2回実施し、2回とも成功を収めた。1回目の最高到達点は248mで、2回目は計測不能だった。

同社は打ち上げにあたり「Candy Rocket Project」の特設ウェブサイトを開設。同ウェブサイトでは打ち上げの模様を含めた、同プロジェクトの軌跡をまとめた動画のほか、ロケットの仕組みや専門家へのインタビューを見ることができる。