写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今月13日に東京タワーフットタウン内にオープンする『ONE PIECE』史上初の大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」のパークコンセプトが8日、明らかになり、原作者の尾田栄一郎氏が考案したクルーの衣装とオリジナルキャラクターも発表された。

同パークのコンセプトは、新世界に浮かぶ"トンガリ島"。冒険好きで遊び好きの島の住民たちは、憧れている海賊たちの冒険を眺められるよう、高い塔を作って遠くの世界を見渡せるようにした。そんなある日、一番の憧れの的"麦わらの一味"が島にやってくる。ルフィたちの冒険話に心を躍らせた島民たちは、ルフィたちと共に、麦わらの一味のファンが集まれるアソビ場を作る。

そして、完成したアソビ場を見て、ルフィは"トンガリ島"を縄張りにすると言い出し、さらに、集まった麦わらの一味のファンを子分にしてやると宣言。トンガリ島は、麦わらの一味の子分になれる島として話題になり、世界中から麦わらの一味のファンが訪れるようになり、港もアソビ場も、島中毎日お祭り騒ぎのにぎやかな島となっていった――。

コンセプトと共に、『ONE PIECE』の原作者・尾田栄一郎氏がコスチュームデザインを手がけたクルーの衣装も発表。具現化にあたっては、数々の映画やCMでスタイリングを手掛ける伊賀大介氏、資生堂ヘアメイキャップアーティスト原田忠氏がディレクションし、イトキン、帽子専門店CA4LA(カシラ)の協力など、ファッション界の総力を結集した衣装となった。

さらに、オリジナルキャラクターとして水先案内役の"トンガリ電伝虫"も発表され、公式Twitter(@tongari_denden)が9日よりスタート。最初の投稿で、「ふぉっふぉふぉふぉ。わしが爛肇鵐リ電伝虫瓩犬磧若い電伝虫たちとは違って、爛肇鵐リ島瓩猟肱靴箸靴討い蹐鵑覆海箸鬚弔屬笋い討いからのう」などとつぶやいている。

「ワンピースタワー」概要【所在地】東京都港区芝公園4-2-8 東京タワーフットタウン内【営業時間】10:00〜22:00(初日3月13日は13:00オープン)【料金】大人3,200円、子供(4〜12歳)1,600円 大人3,000円、子供(4〜12歳)1,500円 ※3歳以下入場無料(保護者同伴)※イラストは尾田氏のイメージをもとに描きおこしたもの