写真提供:マイナビニュース

写真拡大

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)で7日、春イベント「スプリングパラダイス」(〜5月6日)がスタートした。

「スプリングパラダイス」の目玉は、東京海洋大学客員准教授でタレントのさかなクンと、シーパラの飼育のスペシャリストがコラボした特別企画「さかなクンのわくわく海スクール」。アクアミュージアム1階のジンベエホール内では、特別展「ギョギョラボ」を開催し、さかなクンの地元・千葉県館山市の自宅にあるミニ水族館"フィッシュハウス"で暮らしている魚を展示する「フィッシュハウス in シーパラ」や、さかなクンのトレードマークであるハコフグをはじめとするフグの仲間を集めた「世界のフグのなかまたちが大集ギョー!」が楽しめる。

初日前日の6日には、プレイベントとしてさかなクンによるミニトークショーが行われ、来園者が見守る中、さかなクン自身がフィッシュハウスから連れてきた魚を搬入。「ギョギョ!!」とうれしそうに声を上げながら、エビスダイ、 アカメフグ、 イシガキフグの3種類を水槽に搬入し、連れてきた10種類がそろった。

そして、シーパラ内の約50カ所の展示エリアに、さかなクンの知識と飼育スタッフのノウハウを紹介する特製パネル「ギョギョギョ!!ポイント」を設置。さかなクンのイラストやさかなクン目線の解説で、生き物たちを学ぶことができる。期間中は、「ギョギョギョ!!ポイント」と連動したスタンプ&クイズラリー「うお〜くラリー」も開催。水族館内10カ所に設置されたクイズに答えながらスタンプを集めると、さかなクン・オリジナルステッカーがもらえる。

また、アクアミュージアムの人気ショー「海の動物たちのショー」が、新メンバーを加えてリニューアル。「海の動物たちのショー WA!! 2ndシーズン」では、カマイルカ"ルルの子"、2頭のオタリア"ハチスケ""ディタ"、カリフォルニアアシカ"チャチャオ"、ハイイロアザラシ"イロハ"が仲間入りし、総勢11種の生き物がパフォーマンスを繰り広げる。

ペンギン、オタリア、セイウチ、ゴマフアザラシたちが登場するふれあいラグーンのフレンドリーサークルでは、「春のパフォーマンス」を開催。オットセイとカリフォルニアアシカが期間限定で登場し、パフォーマンスを披露する。