投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、3月9日〜3月13日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、17-18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、「忍耐強く」という文言が削除される可能性が高まっていること、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産の投資増額により強含みに推移すると予想される。

 リスクシナリオとしては、米国議会で通貨安に伴う損害賠償請求を企業に認める法案が審議されていること、環太平洋経済連携協定(TPP)などの通商協定に為替条項を付随する動きが強まっていること、3月期末に向けた本邦機関投資家のリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)、ギリシャの債務問題への警戒感、ウクライナ情勢や中東情勢の緊迫化などに警戒することになる。

【米国2月労働市場情勢指数(LMCI)】(9日)
 米国連邦準備理事会(FRB)が公表する19の雇用関連指標から構成される労働市場情勢指数が1月から改善していた場合は、FRBの利上げ時期が早まる可能性が高まることになる。大幅に悪化していた場合は、利上げ時期の先送り観測を高めることになる。

【米国1月の求人労働異動調査(JOLT)】(10日)
 イエレンFRB議長が「イエレン・ダッシュボード」で注視している9つの雇用関連指標の内、4つが発表される。イエレンFRB議長は、利上げ開始の条件として、9つの雇用関連指標がリセッション(景気後退)前の水準を回復することを挙げており、直近の数字は、3つしか回復していないことで要注目か。

【米国2月小売売上高】(12日)
 米国の2月の小売売上高は、前月比+0.4%と予想され、1月の-0.8%からの改善が見込まれている。米国の1-3月期の国内総生産(GDP)の算出に使用される「自動車ディーラー、ガソリンスタンド、建材などを除く売上高」を、1月の修正分と合わせて注目することになる。悪天候要因などで、ネガティブ・サプライズとなった場合は、米国1-3月期国内総生産(GDP)への警戒感が高まることでドル売り要因となる。

【米国議会のドル高・円安抑制】
 米国議会では、通貨安に伴う損害賠償請求を企業に認める法案が審議されており、TPPなどの通商協定に為替条項を付随する動きが強まっていることで、要警戒となる。

【安倍政権の円安抑制】
 安倍政権は、対内的には、4月の統一地方選挙に向けて、原材料輸入価格の高騰に苦しむ地方中小企業への配慮から、円安を牽制するスタンスを強めている。また、対外的には、TPP交渉が難航していることで、米国製造業、議会への配慮から、ドル高・円安を抑制するスタンスを強めている。

 3月9日-13日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)10-12月期国内総生産(GDP)改定値 9日(月)午前8時50分発表
・予想は、前期比年率+2.2%
 速報値は前期比年率+2.2%。昨年10-12月期法人企業統計では、ソフトウエアを除く全産業の設備投資額は前年同期比+3.9%。この数字を参考にすると、設備投資は上方修正される可能性があり、10-12月期GDP改定値はやや上方修正される可能性がある。

○(米)2月労働市場情勢指数 9日(月)午後11時発表
・前回値は4.9
 参考となる1月実績は4.9で12月実績の7.3を下回った。労働市場は穏やかに改善しているが、賃金上昇は抑制されており、労働参加率も低い水準にとどまっている。2月については1月実績を上回る可能性はあるが、12月実績には届かない見込み。

○(米)1月求人労働移動調査(JOLT求人) 10日(火)午後11時発表
・予想は502.8万件
 参考となる12月実績は502.8万件。1月予想は12月実績と同水準だが、賃金上昇への期待は高まっていない。求人件数が予想を上回った場合でも、労働市場の質的改善に対する期待がただちに高まる状況ではないとみられる。

○(米)2月小売売上高 12日(木)午後9時30分発表
・予想は、前月比+0.4%
 参考となる1月実績は前月比-0.8%で市場予想を下回った。自動車、ガソリン、建設資材、飲食業除く売上高は+0.1%にとどまったことが要因。2月については、一定規模の増加が見込まれているが、自動車、ガソリンを除く売上高が低い伸びにとどまった場合、市場予想を下回る可能性が高い。

○(米)3月ミシガン大学消費者信頼感指数速報 13日(金)午後11時発表
・予想は、96.0
 参考となる2月確定値は95.4、2月の期待指数確定値は88.0だった。3月については、大幅な改善は期待できないものの、景況感に大きな変化は生じていないとの見方が多い。市場予想は妥当な水準か。

 主な発表予定は、9日(月):(日)1月国際収支、(日)2月景気ウォッチャー調査、11日(水):(日)2月国内企業物価指数、(日)1月機械受注、12日(木):(米)1月企業在庫、13日(金):(米)2月生産者物価指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:117円00銭-122円00銭