知りたいけど、聞きづらい……! 「彼氏の年収」を聞いたことがある女子は4割弱と判明

写真拡大

付き合う前から相手に「年収」を聞くことってなかなか難しいですよね。付き合いはじめても何となく聞きづらくてそのままずるずる……なんてことも。でもいざ「結婚」となったときに備えて知っておきたいもの。今回は「恋人の年収」について女性のみなさんに大調査してみました!

Q.彼氏の年収を聞いたことがありますか?

「ある」37.0%
「ない」63.0%

約6割の女性が「ない」と回答しました。それぞれの理由を聞いてみましょう。

■「彼氏の年収を聞いたことがある派」:将来のため

・「もしも自分が働くことができなかったら、その年収で家族は食べていけるかを確認しました」(30歳/その他)

・「プロポーズするときに給料明細を見せてくれました」(26歳/学校・教育関連/技術職)

「結婚を考えたときに自然に話が出た」など、将来のことを考えたときに聞いたという回答が多くありました。「プロポーズのときに見せてくれた」というのはすごいエピソードですよね!

■「彼氏の年収を聞いたことがない派」:お金目当てと思われそう

・「失礼だと思うから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「聞いたら“金目当ての女”“稼ぎで人を判断する女”と思われそうなので聞けない」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

「お金の話はしづらい」という日本人特有(?)と思われる回答です。「普段の生活から何となくわかる」という人もいました。

では「年収を聞いたことがある」という女性は、付き合いはじめてどれくらいの期間で聞いたのでしょうか?

Q.彼氏の年収は付き合ってどれくらいのタイミングで聞きましたか?

第1位「3年以上あと」18.4%
第2位「半年程度」17.4%
第3位「1年程度」14.3%
第4位「1カ月程度」9.2%
第4位「2〜3カ月程度」9.2%
第4位「2年程度」9.2%
第7位「当日」4.1%
第8位「4〜5カ月程度」3.1%
※第9位以降は省略

「3年以上あと」が一番多く、続いて「半年程度」「1年程度」という結果になりました。どのようなエピソードがあるのか聞いてみましょう!

■第1位「3年以上あと」

・「結婚も視野に入れはじめたとき」(31歳/その他)

・「同棲するときに、家賃を決めるためお互いの収入を公開しました」(29歳/情報・IT/営業職)

圧倒的に多かったのは「結婚の話が出たとき」でした。長い付き合いにもなれば、自然と結婚の話になることも多いので聞きやすいのかもしれませんね。

■第2位「半年程度」

・「給料の話になったときに、自分の年収を先に教えてから彼氏にも教えてもらいました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「思ったよりよかったので安心しました」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

付き合って半年、というとお互いの存在に少しずつ慣れてきたころ。まだ新鮮な気持ちのうちに聞いてしまうほうが、あとあと「今さら聞けない……」という状況にならないのでいいのかもしれません。

■第3位「1年程度」

・「結婚の話になり、『俺の年収でやっていけるかな?』みたいな話になったので、『いくらぐらいなの?』という流れで聞いた」(26歳/その他)

・「あんまり言うことに気にしていないようだったので、さらっと聞いた」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

付き合って1年くらい経つと、少しだけ「結婚するのかな?」という気持ちがチラつきますよね。自然な流れで「さらっと」聞けるのは理想的です!

「恋人の年収」についていろいろ見てきましたが、お金の話は恋人と言えどもしづらいもの。でも、将来を考えたら確認しておいたほうがよさそうです。「付き合ってどれくらいの期間で聞いたか」というエピソードは参考になりそうですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数265件(22歳〜34歳の働く女性)