【3月の人気株主優待&最新情報!】 マルハニチロ、ANA、三越伊勢丹など、 人気の株主優待が勢揃い!&新設株主優待も大充実!!

1年で最も多い、660件あまりの株主優待が実施される3月。しかも、今年の3月は株主優待を新設した銘柄もたくさんあるので、長年株主優待投資をしてきた個人投資家にとっても、新たな楽しみが盛りだくさんだ。今回は、多彩な3月株主優待の中から、投資金額がおおむね30万円までの人気株主優待や、内容も利回りも満足できる新設株主優待などを厳選して紹介する。

健康コーポの高利回り株主優待は、値上がり益狙いでも注目!

 まずは、株主優待の定番とも言える「自社商品」と、好みの商品を選べるのがうれしい「カタログギフト」の株主優待を見ていこう。【表1】では、30万円以下で買える自社商品&カタログギフトの人気株主優待7銘柄をピックアップした。

【表1】3月に権利確定する自社商品&カタログギフトの人気株主優待
番号 最低投資
金額
株主優待 予想配当利回り 詳細情報
1 【会社名(コード)】マルハニチロ(1333)/【確定月】3月
17万8600円 1.68%
【株主優待内容】
100株以上で自社グループ商品詰め合わせ(複数から1点を選択)
【備考】前回は、水産缶詰詰め合わせ、瓶詰・缶詰詰め合わせ、海苔詰め合わせ、フルティシエまるごと果実ゼリー詰め合わせ、DHA入りリサーラソーセージの5品から選択
2 【会社名(コード)】キーコーヒー(2594)/【確定月】3,9月
18万2700円 1.09% 0.88%
【株主優待内容】
100株で1000円相当、300株で3000円相当、1000株以上で5000円相当の自社製品詰め合わせ
【備考】前回の100株株主優待は、ドリップオンコーヒー(8グラム×5袋)、レギュラーコーヒー170グラム、コーヒーバッグ(8グラム×5袋)の3品
3 【会社名(コード)】健康コーポレーション(2928)/【確定月】3,9月
14万1300円 4.25% 0.37%
【株主優待内容】
100株で3000円相当、200株で6000円相当、400株で1万2000円相当、600株で1万5000円相当、1000株以上で1万8000円相当の自社グループ商品
【備考】長期保有優遇あり。8月末を基準に1年以上保有で1枚、2年以上保有で2枚、買物券を追加
4 【会社名(コード)】ノエビアHD(4928)/【確定月】3,9月
22万8300円 1.75% 2.63%
【株主優待内容】
100株で2000円相当、1000株以上で2万2000円相当の自社グループ商品セット
【備考】長期保有優遇あり。1000株以上の場合は、株主優待サイトから好きな商品の選択も可能
5 【会社名(コード)】ゲームカード・ジョイコHD(6249)/【確定月】3月
17万4300円 1.15% 3.44%
【株主優待内容】
100株で2000円相当、500株以上で3000円相当のオリジナルカタログギフト(産直品、食品、雑貨など)
【備考】長期保有優遇あり。長期保有優遇制度あり。100株保有の場合、1年超で2500円相当、3年以上で3000円相当に株主優待内容がアップ
6 【会社名(コード)】メガチップス(6875)/【確定月】3月
14万100円 2.14% 1.93%
【株主優待内容】
100株以上で3000円相当のカタログギフトまたは指定のニンテンドー3DSソフトから1点を選択
【備考】ゲームソフト、食品、フルーツ、雑貨、食器など多彩な品から選択可能
7 【会社名(コード)シード(7743)/【確定月】3月
15万500円 6.64% 1.50%
【株主優待内容】
Aコースは100株以上で自社ケア用品セット1万円相当または30%引きになる株主優待券。Bコースは、100株で1000円相当、1000株以上で3000円相当の地方名産品など
【備考】株主優待利回りはAコースで計算。Bコースには長期保有優遇制度があり、100株保有では3年以上で金額が3000円相当にアップ
※株主優待内容、最低投資金額、利回りは2月26日終値時点


 水産缶詰やDHA入りリサーラソーセージなど複数の自社商品から一つを選べるのは、マルハニチロ(1333)の株主優待。自社商品の株主優待は、何が届くかわからないのも楽しみのひとつかもしれないが、複数から欲しいものを選べる方式には、安心感がある。

 パーソナルトレーニングジムの「RIZAP」でも話題の健康コーポレーション(2928)も、どろ豆乳石鹸の「どろあわわ」をはじめ、健康食品や美容商品から好きな商品の選択が可能。同社は今年1月に1:2の株式分割したが、すでに分割前の水準まで株価は戻っていて、値上がり益狙いでも獲得したい銘柄と言えそうだ。

 一方、カタログギフトがもらえるゲームカード・ジョイコHD(6249)とメガチップス(6875)は、いずれも株主優待+配当利回りが4%超と高利回り。ゲームカード・ジョイHDは、さらに長期保有優遇制度もあり、3年以上継続保有の場合は株主優待額が1.5倍にアップする。また、メガチップスは任天堂のゲームソフトも選べる点が、他のカタログギフトとの大きな違いだ。

 ほかにも、日本エスリード(8877)やNECキャピタルソリューション(8793)など、複数の銘柄がカタログギフトの株主優待を実施している。

和洋中さまざまな店舗で使える、アトムの株主優待ポイントは便利!

 続いて【表2】では、買い物株主優待や食事券、各種施設のサービス券などの株主優待から定番人気の7銘柄を見ていこう。

【表2】3月に権利確定する自社商品&カタログギフトの人気株主優待
番号 最低投資金額 株主優待 予想配当利回り 詳細情報
1 【会社名(コード)】三越伊勢丹HD(3099)/【確定月】3,9月
18万1400円 0.61%
【株主優待内容】
買い物代金が10%割引になる株主優待カード(利用限度額は100株で15万円、300株で20万円、500株で25万円、1000株で50万円など)。ほかに、株主優待カードの提示で百貨店内外の施設の利用優待など
【備考】300株以上を2年以上保有の場合、利用限度額が2倍にアップ
2 【会社名(コード)】シダックス(4837)/【確定月】3月
5万6900円 4.75% 2.64%
【株主優待内容】
レストランカラオケ・シダックス各店舗で使える税込540円分の株主優待券を、100株で5枚、500株以上で25枚
【備考】優待券は、1回につき最大5枚まで、ルーム料金、飲食代の支払いにに利用可
3 【会社名(コード)】ラウンドワン(4680)/【確定月】3,9月
6万8400円 5.85% 2.92%
【株主優待内容】
100株でクラブカード引換券2枚+500円割引券4枚+ボウリング教室株主優待券1枚、500株で同じく2枚+8枚+1枚など
【備考】割引券は利用料金1000円(税込)以上の精算時に、1日1枚に限り利用可
4 【会社名(コード)】アトム(7412)/【確定月】3,9月
7万7000円 5.19% 0.65%
【株主優待内容】
株主優待ポイントを、100株で2000ポイント、500株で1万ポイント、1000株以上で2万ポイント(1ポイント=1円)
【備考】ステーキ宮、甘太郎、北海道など、アトムとコロワイドグループの各店で利用可能。ポイントと引き換えに日本各地の特産品も選択可
5 【会社名(コード)】ANA HD(9202)/【確定月】3,9月
32万3500円 1.24%
【株主優待内容】
1000株で国内路線片道1区間の50%割引搭乗券1枚。保有株数に応じて枚数が増え、100万株以上の場合は優待券254枚+8000株ごとに1枚追加
【備考】ほかに、自社グループホテルの株主優待、国内・海外パッケージツアー商品の株主優待、ゴルフプレー料金割引などが受けられる株主優待クーポン1冊
6 【会社名(コード)】常磐興産(9675) /【確定月】3,9月
15万4000円 12.62% 1.24%
【株主優待内容】
1000株で、スパリゾートハワイアンズ無料入場券3枚+同ホテル宿泊割引券1枚+食事割引券1枚+ゴルフ倶楽部利用割引券1枚など
【備考】株主優待利回りは、スパリゾートハワイアンズの通常入場料で計算
7 【会社名(コード)松屋フーズ(9887)/【確定月】3月
25万1500円 0.95%
【株主優待内容】
100株以上で食事株主優待券10枚(指定された複数のメニューに利用可能)
【備考】松屋、松乃家、チキン亭の国内の各店舗で利用可
※株主優待内容、最低投資金額、利回りは2月26日終値時点

 カラオケのシダックス(4837)やボウリングなどが楽しめるラウンドワン(4680)は、どちらも10万円以下とお手頃価格。しかも、株主優待利+配当利回りがかなりの高利回りなのがうれしい。

 食事券系の株主優待では、アトム(7412)がオススメ。投資金額10万円以下で、「ステーキ宮」「甘太郎」「北海道」「うまいもの市場TAPA」「ラパウザ」などなど、コロワイドグループの多彩な飲食店で利用できる。さらに、ポイント制ため、残り1円まで無駄を出さずに使えるのも便利。ちなみに、「本家」のコロワイド(7616)も3月の人気株主優待だが、こちらは投資金額が81万7500円(2月26日終値で計算、以下同)で、アトムと比べるとかなり高めとなっている。

 また、【表2】で取り上げたANA HD(9202)をはじめ、3月は交通機関の株主優待も豊富。たとえば首都圏なら、東京急行電鉄(9005)や京王電鉄(9008)など、関西であれば西日本旅客鉄道(9021)や近畿日本鉄道(9041)など。全体に投資金額は高めのところが多いが、よく利用する電車などがある人は株主優待の有無を確認してみるとよいだろう。

 ところで、3月の株主優待で忘れてならないのが、東京ディズニーリゾートのワンデーパスポートがもらえるオリエンタルランド(4661)。とはいえ、今や最低投資金額は316万1000円で、株主優待が欲しくてもなかなか手が出せない水準となっている。しかし先日、4月1日に1:4の株式分割を行なうことを発表。単純に今の株価を4で割ると約7900円で、分割以後は100万円以下で1単元が入手できるかもしれない。さらに、4月以降は長期保有優遇制度も導入される。これまで、「オリエンタルランドは高すぎる」と思っていた人も、再度チェックしてみてもよいのでは?

QUOカードなど金券類の株主優待は、利回りにこだわって選ぼう!

 3月は金券類の株主優待も豊富で、中でもQUOカードの株主優待件数は非常に多い。QUOカードは、コンビニのほか、ドラッグストアや書店、ファミレスなど利用できるところが増えてきていて使い勝手がよいのがメリットだ。

 QUOカードや図書カードなどの汎用性の高い金券類は、「株主優待+配当利回り」が高いものを選ぶのが基本。【表3】では、株主優待+配当利回りが3%台後半〜4%超と高く、かつ15万円以内で買える銘柄を紹介する。

【表3】3月に権利確定する、株主優待+配当利回りの高い金券の株主優待
番号 最低投資金額 株主優待 予想配当利回り 詳細情報
1 【会社名(コード)】TOKAI HD(3167)/【確定月】3,9月
5万8400円 1.71% 2.05%
【株主優待内容】
100株でQUOカード500円分、天然水500ml×12本(1800円相当)、自社レストラン食事券1000円分、自社ポイント1000円分から1つを選択など
【備考】株主優待利回りはQUOカードで計算。ほかに、自社グループの結婚式場割引券、レストラン食事割引券も
2 【会社名(コード)】イーグランド(3294)/【確定月】3,9月
6万7200円 2.23% 1.49%
【株主優待内容】
100株以上で1000円分のQUOカード
【備考】優待券は、特になし
3 【会社名(コード)】カーリットHD(4275)/【確定月】3月
6万8400円 2.23% 1.49%
【株主優待内容】
100株で1500円分、500株で2000円分、1000株以上で2500円分のUCギフトカード
【備考】優待券は、特になし
4 【会社名(コード)】ラウンドワン(4680)/【確定月】3,9月
13万8500円 1.44% 2.60%
【株主優待内容】
100株以上で1000円分のQUOカード
【備考】特になし
5 【会社名(コード)】アトム(7412)/【確定月】3,9月
12万6500円 1.58% 2.53%
【株主優待内容】
100株以上で1000円分の三菱UFJニコスカード
【備考】特になし
6 【会社名(コード)】ケーユーHD(9856)/【確定月】3,9月
7万200円 1.42% 2.85%
【株主優待内容】 100株以上で500円分のQUOカード
【備考】特になし
※株主優待内容、最低投資金額、利回りは2月26日終値時点

 この中で、利回りで選ぶならまずはケーユーHD(9856)。株主優待+配当利回りは4.27%とかなり高めで、しかも投資金額は7万200円とお手頃だ。

 また、ちょっと異質なのはTOKAI HD(3167)で、QUOカードを選ぶと優待利回りは1.71%だが、1800円相当の天然水(500ml×12本)を選択すれば株主優待利回りは6.16%まで跳ね上がる。というわけで、金券の株主優待としても十分魅力的だが、TOKAI HDの場合は実は水を選択するのがオススメ。

 ほかにも、表には掲載していないが、サンメッセ(7883)や成学社(2179)は10万円以下の投資金額でQUOカードがもらえて、株主優待利回りが2%を超えている。

 なお、株主優待の権利を獲得したらすぐに手放すという短期投資の場合、株主優待や配当が年2回に分かれていると、計算上の利回りを得ることができない。短期投資派の人は、できるだけ年1回の株主優待で配当も期末一括といった銘柄を選んだほうがよいだろう。

QUOカードにカタログギフト、飲食優待券など新設株主優待も充実!

 最後は、今回新たに株主優待を導入した銘柄に目を向けたい。株主優待新設銘柄は全部で30件以上もあり、なんと新設の数だけで株主優待が少ない月の全実施件数を上回ってしまう。【表4】では、その中から内容や利回りで注目できる7銘柄を取り上げる。

【表4】3月に権利確定する、注目の新設株主優待
番号 最低投資金額 株主優待 予想配当利回り 詳細情報
1 【会社名(コード)】ビーアールHD(1726)/【確定月】3月
3万5500円 2.82% 1.13%
【株主優待内容】
10株で1000円分、1000株で3000円分、1万株以上で5000円分のオリジナルQUOカード
【備考】特になし
2 【会社名(コード)】フルッタフルッタ(2586)/【確定月】3,9月
24万3200円 1.64%
【株主優待内容】
自社オンラインショップ専用の1000円クーポン券を、100株で2枚、300株で3枚、500株で4枚、1000株以上で5枚
【備考】新規上場記念株主優待も実施。今回に限り株主優待内容が2倍にアップ
3 【会社名(コード)】大阪工機(3173)/【確定月】3月
14万2500円 1.40% 1.61%
【株主優待内容】
100株で2000円相当、1000株以上で4000円相当のカタログギフト(世界各国の特産品を予定)
【備考】特になし
4 【会社名(コード)】SFPダイニング(3198)/【確定月】3,9月
13万1700円 6.07%
【株主優待内容】
100株以上で、自社店舗で使える4000円分の食事券
【備考】鳥良、磯丸水産などの自社ブランド各店舗で利用可
5 【会社名(コード)】ビーエスピー(3800)/【確定月】3月
14万3600円 1.39% 2.44%
【株主優待内容】
100株で2000円分、500株以上で4000円分のJCBギフトカード
【備考】特になし
6 【会社名(コード)】新晃工業(6458) /【確定月】3月
13万2800円 2.26% 1.73%
【株主優待内容】
100株以上で、3000円相当のカタログギフト(食品)
【備考】特になし
7 【会社名(コード)】サノヤス HD(7022)/【確定月】3月
2万9000円 1.72%
【株主優待内容】
パレットタウン大観覧車の利用券2枚
【備考】お台場(江東区青海)にある観覧車で利用可
※株主優待内容、最低投資金額、利回りは2月26日終値時点

 新設銘柄はそもそも金券類の株主優待が多いが、ビーアールHD(1726)は株主優待+配当利回りが4%近くあり、しかも3万5500円と買いやすい金額なのがポイント。また、3000円相当の食品のカタログギフトがもらえる新晃工業(6458)も、株主優待+配当利回りが3.99%と高めだ。

 昨年新規上場したフルッタフルッタ(2586)は、通常の株主優待と併せて上場に伴う記念優待も実施。記念株主優待は、通常の株主優待内容と同じ贈呈基準のため、たとえば100株保有の場合は、通常+記念で自社のネット通販で使える1000円クーポン券を、全部で4枚獲得できる。

 投資金額が3万円以下とお手頃で、お台場のランドマークである大観覧車の利用券2枚をもらえるのがサノヤスHD(7022)。大観覧車の利用料は通常920円のため、株主優待利回りは実質6.34%! 隠れた高利回り株主優待といえるだろう。観覧車によく乗るという人や、逆に一度乗ってみたいと思っていた人にオススメだ。

 せっかく欲しい銘柄を絞り込んでも、権利付き最終売買日までに購入していなければ株主優待はもらえない! 3月31日が権利確定日の場合、最終売買日は26日(木)。欲しい株主優待がある人は、必ずこの日までに必要単元数を確認の上、購入しておこう。