過酷労働の悲劇…10年間で外国人実習生2万5000人が失踪

ざっくり言うと

  • 外国人技能実習制度で失踪した実習生が過去最多となったと6日、分かった
  • 10年間では約2万5千人が失踪し、労働条件の厳しさが背景にあるとみられる
  • 多くの実習生が最低賃金水準で稼働し、残業代の未払いなどは後を絶たない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング